<中国語検定・HSKなど中国語の検定>

このページでは、中国語検定やHSKをはじめ、通訳案内士、TECC、C-Test、BTC、TOCFLなどの中国語の検定に関する情報をお伝えします。

中国語を学習する中で、検定試験の受験を考えたとき、悩むことがいくつかあると思います。

  • 中国語検定やHSKなどあるが、どんな検定試験を受験すればいいのかわからない
  • 今の自分のレベルにあった受験級が知りたい
  • 申し込み方法がわからない
  • どんな勉強をすればいいのか、具体的な対策法が知りたい
  • 中国語にはどんな資格があるかを知りたい
  • 就職するためにはどんな中国語の資格があれば有利かしりたい
  • 合格している人はどうやって学習しているのかコツをしりたい
  • 検定に役立つ教材を知りたい
  • とにかく合格したい!

このページを読み進めれば、中国語検定とHSKをはじめ、中国語関連の資格情報、各級のレベルの違いから、各級別の具体的な試験対策法、学習の進め方まで、試験に合格するまでの道のりがわかります!

まず、中国語の検定とはどんな資格があるのかを知りましょう。中国語の検定を受けることで現在の自分のレベルを確かめることができ、目標も定めることができます。

中国語の資格は英語の次に多いと言われています。就職に有利な資格など、中国語の資格に関する基本情報をご紹介します。中国語検定・HSKをはじめ、中国語のTECC、C-Test、BCT、TOCFLの情報はこちらの記事で、ご紹介しています。

フルーエント中国語学院は、HSK日本実施委員会 初の公認通信スクールです。

中国語の検定にチャレンジしたいあなたへ。中国語検定の基礎知識、HSK試験との比較、受験前に知っておくべき情報をまとめました。この記事をざっと読むだけで中国語検定のキホンが分かるので、試験対策もバッチリです!中国語検定やHSK試験は、中国語マスターするための最強ツール。中国ゼミがあなたの合格をサポートします! 1. 中国語検定の基礎情報1章では中国語検定の基本的な情報をまとめました。概要、受験料、スケジュール、合格率などチェックしてみてください。1-1. 中国語検定の概要メリット中国語検定は日本語と中国語の相...
皆さんは、中国語の能力を測る資格や試験にはどんなものがあるかご存知ですか?中国語検定、HSK、全国通訳案内士…これらの試験や資格の名前を目にしたり聞いたりするシーンがあるかと思います。もしかしたら読者さんの身近な方が既に取得されているかもしれませんね。語学の資格試験は自分の語学の能力がどれくらいのレベルなのかを知れる絶好の機会です。合格すれば資格としてアピールできますし、たとえ合格しなくても取得という目標に向けて学習することは、学習の実績や学習へのモチベーション向上につながります。この記事では、H...
中国語を勉強していて、ふと「自分の中国語力はどのくらい?」と、気になることがありますよね。力試しに「中国語の試験でも受けてみるか!」 なんて意気込んでいるかもしれません。 中国語検定試験の種類が多くてよく分からない。それぞれの特徴は? 私の実力で、どの試験の何級を受ければいいの? 会話ができるようになりたい場合でも、試験にチャレンジする意味はあるの?この記事が、中国語の検定に関するあなたの疑問を解決します!まず中国語ゼミは、HSKや中国語検定の受験が、中国語力アップに直結することをお伝えしたいです。...
中国語を学ぶ際、目標として「資格取得」を目指している人は多いのではないでしょうか。中国語初心者の方も、すでに学習を進めている方も、資格の目標があることで大きなモチベーションとなり、自然と学習意欲が掻き立てられます。中国語の資格試験の中で、とくに有名なのは中国語検定とHSKの2つ。まずは試験の特徴を知って、目標を設定してみませんか?資格へのチャレンジこそ、中国語を習得する近道です!私(中国語ゼミスタッフMM 上海生活6年)の周りにも、学習のモチベーション維持のため、今後の就職活動のため、大学卒業や会社...

1. 中国語検定について知ろう!

中国語の資格として日本で有名な検定に、「中国語検定(中検)」があります。今年2020年で100回を迎える中国語検定は、日本語と中国語の翻訳・通訳力を測る試験。

中国語検定の基本情報(日程・有効期限・合格率など)

中国語検定は年に3回、3月・6月・11月の第4日曜日に実施されます。1級のみ年に1回、11月の第4日曜日の実施となっています。ここでは、中国語検定の詳しい日程や申込期間、試験の概要、そして合格のための具体的な勉強方法をご紹介します。「◯月に◯級を受けるぞ!」という目標を持てば、試験日から逆算して学習スケジュールを組み立てやすくなりますよね。今の自分のレベルと目標レベルの差を踏まえて、計画的かつ効率的に合格を目指しましょう! 1. 中国語検定2022年の試験日程と申し込み期間試験日申込期間一次試験二次試験(準1級・1...
中国語検定やHSKなど、中国語の資格はそれぞれ有効期間が異なります。資格の有効期間とは、取得からその期間内のレベルを保証するもの。有効期間内の資格は、就職の際に「即戦力」として最大のアピールポイントになります。しかし、その有効期間を過ぎたら履歴書に書いてはいけないのでしょうか?いえいえ、そんなことはありません。面接官は、過去にその資格を取得するだけの努力ができた人、過去に資格習得の能力があった人として判断しますので、せっかく持っている資格は履歴書で存分にアピールしましょう。今回は、中国語に関する...
中国語検定試験は準4級〜準1級は年に3回(3月・6月・11月)、1級は年1回(11月)のみ開催されています。 「一体、中国語検定の合格率はどれくらいなのでしょうか?」 「受ける級によって合格率は異なるのでしょうか?」気になる中国語検定の合格率ですが、級によって、さらには同じ級でも受験する月によって合格率に差がつく傾向にあります。この記事では中国語検定の受験級や時期によって異なる合格率について、どこよりも詳しく分析しています。更に「中国語検定の合格率を高める最も効果的な学習方法」を詳しく解説していきます。合...

1-1. 中国語検定(中検)の各級レベルの違い

中国語検定のレベルってどれくらい? 何級までいけば話せるようになるの? 企業が求めているレベルは? など、こちらの記事を読めば、自分がどの級を受験すればいいのかわかります。

中国語検定のレベルってどれくらい? 何級までいけば話せるようになるの? 企業が求めているレベルは?中国語検定は、英語についで2番目に受験者が多い外国語の検定で、中国の発展に伴いますます受講者が増えています。とはいえ、英語に比べたらマイナーなため、情報はあまり多くなく、情報探しにも苦労されていると思います。いま、勉強中の方はもちろん、これから中国語を勉強していこうという方にとっても指標は心の支えや目標になるのでとても大切ですよね。2020年に中国語検定は第100回を迎えました。この記事では級ごとの検定レ...

1-2. 中国語検定(中検)の準4級~1級の具体的な試験対策法

受験する級が決まったら、試験対策したいところ。以下の記事で、中国語学習指導のプロが教える「合格するためのポイント」を各級別に解説しています。
試験の申し込み方法から、具体的な対策法までお伝えします。

中国語検定「合格」を目指すあなたへ。この記事では、5,000人へ中国語の指導実績があるフルーエント中国語学院のトレーナーによる「中国語検定に合格するための効率的な勉強法」を伝授します。実際に中国語検定を受験したトレーナーの経験に基づき、最も効率よく合格に向けて学習する方法をまとめました。初めて中国語検定にチャレンジする方も、過去に受験したことがある方も、こちらの記事でご紹介する勉強方法を参考にしてください。 1. 中国語検定とは1章では、まず中国語検定の概要をご紹介します。既に、中国語検定について知っ...
中国語には数多くの文法が存在しますが、中でも「中国語検定に合格するために必須の文法」とは、どのようなもなのでしょうか?私(中国語ゼミスタッフMM、上海生活6年)は中国語を勉強してしばらくたった頃「そろそろ中国語の検定に挑戦してみよう!」と思い、検定対策の勉強法として、ひたすら過去問題集を解いていました。その中で、なかなか覚えられない文法を書き出してマイノートを作り、辞書代わりに使っていたことがあります。おかげでその時受けた検定には一発で合格できました。この記事では、「中国語検定の頻出文法」と、「...
中国語検定を受験する前は、過去問題集を解いて本番の試験に備えることが欠かせません。ここでは、過去問を手に入れる方法から、おすすめの過去問題集・単語集、更に手に入れた過去問題集や単語集を最大限に活用する方法を紹介していきます。過去問を効率良く使って、合格を目指しましょう! 1. 中国語の過去問を入手する方法中国語検定の過去問を入手するには、2つ方法があります。1つ目は、サイトから無料でダウンロードする方法。2つ目は、過去問が収録された問題集を購入することです。自分に合った方法で学習を進めていきまし...
中国語検定のリスニングで点数を上げたい! 効率よくリスニング力を身につけて合格したい!でも、今の自分のレベルと受験する級の内容を見比べたときに 「自分のリスニング勉強法は合っているの?」 「目標の級に合格するには、どれくらいの時間がかかる?」…など不安になることもありますよね。まずお伝えしたいのは、中国語検定リスニング制覇のための最強ツールは「過去問」です!目標としている級の過去問をうまく使って、効率よく学ぶことが大切です。この記事では、中国語検定に合格するための過去問の使い方を中心に、各級のリ...
準4級
中国語検定の準4級とは、6段階ある中国語検定のレベルの中で、一番やさしいレベル。中国語学習の「入門」を修了した初級者レベルといえます。具体的には、試験ではピンイン・声調を正しく理解していることや、挨拶・ごく簡単な会話ができることが求められます。「中国語学習をこれから始めようと思う」「中国語の学習を始めたばかり」という初級者が、一番最初に目指せる試験です。そんな中国語検定準4級の、試験日程から申込方法、試験内容と具体的な対策法まで今回の記事でお伝えします。 効率的な対策法で一発合格を手にしましょう...
4級
中国語検定4級は、「中国語の初級マスター」といえるレベルです。旅行先での会話など、簡単な中国語でやりとりができる力が求められます。「少し中国語を勉強した今の中国語の実力を試したい」「初級レベルはマスターした」「検定を受験するなら一発で合格したい」というあなたに、この記事では中国語検定4級の、試験内容と具体的な合格対策法をお伝えします。効率的な対策法で、一発合格を手にしましょう! 1 中国語検定4級のレベル「中国語検定4級」のレベルは、発音やピンインなどを含めた中国語の基礎をマスターしたレベル。旅行...

「中国語検定4級」とは中国語の初級をマスターしたレベル。中検4級とは中国語を旅行先で使ったり、簡単な会話ができる中国語力が求められます。この記事では、まったくの中国語初心者だった中国語ゼミライターの私(中国在住 女子 S.I)が、中国語学習を始めてから、半年で中国語検定4級合格を手にした中国語検定4級に最短期間で合格するための勉強法や注意ポイント、さらにおすすめの教材についてご紹介します。せっかく受けるからには、1発で合格したいもの。さらに勉強も無駄を省いて効率的に進めたいですよね。私が実践した中国語...
3級
中国語検定3級は、日本人がゼロから勉強を始め、一定の基礎が身に付いた段階で挑戦できる検定試験。目安として、1日約1時間の学習を半年~1年続けた頃にチャレンジできるレベルです。受験するなら「一発合格」を勝ち取りたいですよね!そのために、まず中国語検定3級のレベルを知って、過去問で試験の特徴をつかんで「合格のための勉強法」を身につけることが近道です。この記事では、合格するための勉強法・試験の特徴・中国語のプロトレーナーおすすめの教材をまとめました。1. 中国語検定3級のレベル日本中国語協会が実施する中国語...
2級
中国語の検定の中でも日本人の受験者が多い「中国語検定」。今回の記事は、中級者以上が受験する「中国語検定 2級」に一発で合格する勉強方法を紹介します。私たち中国語ゼミスタッフは、実際にここで紹介する勉強方法で、教材やアプリも活用して合格を手にしました。今まで中国語の勉強を頑張ってきたあなたも、せっかくチャレンジするなら「1回で合格したい」と思いますよね。中国語検定2級に合格するための学習ポイントをまとめましたので、ぜひこの記事を参考にチャレンジしてみてください。 1. 中国語検定2級のレベル中国語検定と...
準1級
中国語検定準1級に合格したいあなたへ。中国語学習者にとって、事実上のゴールと言われている「準1級」は、ネイティブと理論的な会話ができるほどハイレベルな試験です。ビジネスの即戦力に値するので、仕事でも大きな強みになりますよ!今回の記事では、あなたの「準1級合格」をかなえる試験対策、ポイントをお伝えします。準1級に求められるレベル、おすすめの勉強方法をチェックして、今から効率よく勉強をスタートしましょう!難関試験突破の道のりは、長く感じるかもしれませんが、千里の道も一歩から始まります。まず第一歩は、...
1級
 中国語の資格の中で、超難関と言われる中国語検定1級。ここ数年間の合格率は4〜6%で、合格までに10年以上を要することもあります。中国語のネイティブでさえ合格が難しいと言われる試験です。実際に、私たち中国語ゼミスタッフで旧HSK11級(現HSK6級210~300点レベル)を持っているトレーナーや、現役バリバリの中国語講師でさえ「中国語検定1級は、マニアックすぎてチャレンジできない」とのこと…。また、試験を受けた人の数が少ないので、ネットなどにも情報が全然無い!というのが実情。市販の問題集も、準1級・1級を合わせたもの...

中国語検定一級とは「ネイティブでさえ合格することが難しい最難関」の試験です。年に1度の試験で、合格率は1桁に留まります。そしてその合格者も、ほとんどは中国人、つまり中国語のネイティブが多いことからその難易度も分かるでしょう。HSK試験の最高級レベル「6級 180点以上」獲得より難しいとされています。事実上のゴールと言われる準一級に合格した人でも、一級に挑戦するのは至難の業です。しかし通訳や翻訳のプロフェッショナルを目指したい人にとっては、とても価値ある資格です。もしあなたが「10年以上かけても合格したい...

2. HSKについて知ろう!

中国語検定(中検)が、英語で言う英検なら、HSKは英語で言うTOEIC。
もっとコミュニケーションが重視され、実践に活かす中国語をマスターしたい人にはおすすめの資格です。
世界共通の資格なので世界どこへ行っても資格が有効。世界どこでも受験可能です。

たくさん勉強して臨んだ試験が終わったら、早く結果を知りたいですよね。世界共通の中国政府認定中国語試験として認知度が高いHSKの場合、通常郵送で結果を受け取るのは、試験日から約2ヶ月後になります。インターネットならHSK試験日から約1ヶ月後に結果の確認・成績照会が可能です。この記事ではHSKの結果を確認するにあたっての注意点、HSK成績表の用途などをご案内します。結果は待ち遠しいものですが、今のうちに重要なポイントを確認しておいてくださいね。 1. HSK試験の結果を知る方法と注意点それではHSKの結果を知る方法と、...
HSKを上海で受けようと思っても、どうやったら受けられるのか、初めてのことで心配という方は多いようです。私(中国語ゼミスタッフKT)は、夫の駐在に伴って上海へ来たのですが、その時も初めての事だらけで、HSKをどうやって受けたらいいのかもわかりませんでした。(例えば、サイトからしか決済が出来なかったり、受験票の出力方法で悩んだり、日本みたいに整っているわけではないので本当に大変でした。)なので、今日は上海でHSKを受けるための全てをお伝えしたいと思います。いろいろな壁を乗り越えましたが、おかげさまで中国に...

2-1. HSKの各級レベルの違い

HSKってどのくらい難しいの? いまの自分はHSK何級レベル? 大学入試や就職活動で有効なレベルは? HSKの各級レベルの差をくわしくお伝えします。

現在日本で受験できる中国語の検定試験といえば、中国語検定とHSKです。どちらも中国語の検定試験の中では、日本での受験人数が多い検定試験で、中国語の実力を客観的に判断してくれる有用な試験であることは間違いありません。また、受験または合格に向けて取り組むことは、必ず実力アップにつながります。どちらも受験することをおすすめします。ただ、試験日程の都合もありますし、受験料も安価ではありません。「どちらか一方だけを受験するなら、どちらを受験するか。」あるいは「どの級から受験するか」悩むところでしょう。中国...

2-2. HSK1級~6級の具体的な試験対策法

中国語学習指導のプロが「HSKに合格するためのポイント」を各級別に解説。過去問題を使った具体的な対策法、試験までの日ごろの学習法、おすすめのテキストなど、合格するためのノウハウをすべてお伝えします。

誰しも、受験勉強で過去問題にチャレンジした経験があると思います。そのときは「解いて答え合わせ」をして終わってしまったかもしれません。過去問題集をもっと効率的に使った、合格を手に入れる勉強法を、こちらの記事でお伝えします。

HSK(漢語水平考試)の受験を考えているあなた。とりあえず公式ホームページから無料の過去問をダウンロードしてみましょう。 HSKの受験を決めたあなた。書店で過去問題集を購入しましょう!では、高いお金を出して買った過去問題集。せっかくだったら最大限活用したいですよね。誰しも高校受験や大学受験の勉強で、「過去問題」にチャレンジした経験があるのではないかと思います。そのとき問題を解いて、答え合わせをして終わる、「問題を解いただけ」で終わった人も多いかもしれません。しかし、問題の解きっぱなしは、とてももっ...
1級
HSKは、1級が一番易しく、6級が最もレベルの高い級になります。HSK1級に合格できる中国語力は、「とても簡単な中国語の単語を使って、具体的な要求を伝えることができるレベル」です。具体的には、「このコップはいくらですか?」「あなたはどこの国の人ですか?」「いま家に居ますか?」などの簡単なフレーズが聞き取れる・話せるレベルです。また、HSKは1級の受験者の学習目安を、「毎週2~3時間を半年、中国語を学習し、150語程度の最常用単語を使うことができる」レベルとしています。しかしこれは漢字を全く知らない欧米などの学...
2級
3級
こんにちは!中国語ゼミです。この記事を今読んでいるあなたはHSK3級についての情報を知りたくてこのページにお越しのことと思います。そんなHSK3級の情報について知りたいあなたに、中国語ゼミが全力でお応えいたします!HSK(漢語水平考試:中国政府認定の中国語能力試験)は、1級からスタート。つまり一級が一番やさしく、級を進めた6級が最もレベルの高い級になります。この記事で詳しくご紹介するHSK3級は下から3番目の級で、「もうすぐ中級」というレベルに相当します。HSK3級の試験では、日常中国語の応用能力が問われます。HSK3...
4級
HSK4級の受験を考えているあなたへ。フルーエントで指導するプロトレーナーである私SNが、HSK(漢語水平考試)4級に一発で合格する方法をお教えします。フルーエント中国語学院の受講生でこの方法をしっかり、確実に実践した方は、全員合格しているというお墨付きの方法です!信じて取り組んでみてください。HSKの上から3つめのレベルである4級は、語学力を対外的にアピールできるレベルです。中国の大学(理系)や大学院への留学は4級合格が必須ですし、就職活動で中国語力をアピールするならHSK4級合格以上と言われています。しかし...
5級
HSK(漢語水平考試)5級の受験を考えているあなたに、中国語学習指導のプロである私が、HSK5級に一発で合格する方法をお教えします。フルーエント中国語学院の受講生の方は、みなさんこの方法で合格しています。信じて取り組んでみてください。HSKの上から2つめのレベルである5級は、4級に比べるとグッと難易度が上がります。「中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国の映画やテレビも観賞でき、さらに、中国語でスピーチすることができる」ことが求められます。HSK5級の合格は、留学や就職・転職活動でしっかりアピールできるレ...
6級
HSK(漢語水平考試)6級の受験を考えているあなたに、私(中国ゼミライターS.I 中国在住経験3年・HSK6級)が、HSK6級に最短で一発合格する方法をお教えします。HSKの一番上のレベルである6級。2500語習得レベルである5級に比べるとグッと難易度が上がり、6級は5000語レベルとされています。具体的に6級に合格できる人は次のような中国語の実力を備えていると言えるでしょう。 中国語の情報をスムーズに読む・聞くことができる 自分の見解を流暢に話す・書くことができるとても難しいレベルですが、私は、週10時間の学習時間(たとえば...

フルーエントの受講生も6級に合格しています!是非、受講生さんの体験談をご覧ください。

中国語を覚えるために何から始めたらいいの? 初心者が短期間で習得する勉強法を知りたい! 中国ビジネスに興味がある!中国語が気になっているあなたへ、中国語をマスターした先輩の体験談をお届けします。フルーエント中国語講座の受講生インタビューvol.1は、中国四川省の成都で働きはじめて3年目になる深谷百合子さん。日本の電機メーカーで約20年ファシリティ業務に従事した後、中国ビジネスの現場へ。現在、中国語を使って現地スタッフへ技術サポートをされています。お写真の通り、凛とした佇まいが魅力的な深谷さん。はじめに...

3. 中国語ができれば就職もビジネスも有利

今やビジネスにおける中国の存在は誰もが納得するほど世界を誇る規模に成長しています。
身近な商品をとってもすべて中国に関連しないものは存在しないと言ってもいいでしょう。
中国語ができれば、ビジネスチャンスは大きく広がっています。

すでに中国語を勉強し始めている人も、これから始めるという人も中国語をマスターし、就職や転職に活かしたい人は多いのではないでしょうか。中国語検定は中国語のレベルを測るものですが、履歴書に記載することによって、中国語能力をアピールすることができます。中国語検定を取得せずに、中国語ができるといっても、どのくらい中国語ができるのかを、書類審査や面接だけで人事担当者が判断することは難しいでしょう。この記事では中国語検定を、履歴書に記載するメリットをご紹介します。中国語検定の資格を履歴書に記載するメリッ...
中国語の有名な検定には、「中国語検定」と「HSK(漢語水平考試験」があります。近年の中国の経済成長は勢いを伸ばしている背景もあり、英語だけでなく、中国語のスキルが求められる職場が増えてきています。今、中国語を勉強中で中国語を活かした仕事をしたいという方やこれから中国語の勉強を始めて、中国語を活かした仕事に就きたいと思っている方も、こちらの記事を読んで中国語検定取得にお役立てください。こちらの記事では 中国語検定が就職に役立つ理由 中国語が活かせる職種 就職・転職のために中国語検定やHSKで目標にすべき...
在中国の日本人駐在員をザワつかせているニュースがあります。それは「2017年4月から外国人就労許可がABCランク付けされる」というニュース。Cランクに分類されてしまうと、中国から追い返されてしまう!? どうしよう!? と焦っている駐在員の方もいらっしゃるかもしれません。HSKは必ず受験しなくてはならないのか? 中国語はマスターしなければならないのか?某週刊誌で「前代未聞!」などと、大いに煽られている情報が出回っていますが、実際のところどうなのか?実情を現在わかっている範囲でお伝えします。お役に立てれば幸...

一生の資格中国語のプロとして活躍したい方は中国語の「通訳案内士」がおすすめ

中国語の「全国通訳案内士」試験の難易度は高く、合格率はわずか10%前後。この数字を見てしまうと腰が引けますが、現在、中国語の「全国通訳案内士」のニーズは既に一番高く、これからも訪日中国人はどんどん増加すると予想されています。2020年以降は、コロナの影響もあり、外国からの観光客が日本に自由に渡航できる状況ではありませんでしたが、以前は、観光地やデパートに行けば、中国人観光客を見かけない日がないほど、多くの中国人が訪れていました。アフターコロナ後、中国人観光客が訪日されることが大きく期待されます。しか...