<中国語検定・HSKなど中国語の検定>

このページでは、中国語検定やHSKをはじめ、通訳案内士、TECC、C-Test、BTC、TOCFLなどの中国語の検定に関する情報をお伝えします。

中国語を学習する中で、検定試験の受験を考えたとき、悩むことがいくつかあると思います。

  • 中国語検定やHSKなどあるが、どんな検定試験を受験すればいいのかわからない
  • 今の自分のレベルにあった受験級が知りたい
  • 申し込み方法がわからない
  • どんな勉強をすればいいのか、具体的な対策法が知りたい
  • 中国語にはどんな資格があるかを知りたい
  • 就職するためにはどんな中国語の資格があれば有利かしりたい
  • 合格している人はどうやって学習しているのかコツをしりたい
  • 検定に役立つ教材を知りたい
  • とにかく合格したい!

このページを読み進めれば、中国語検定とHSKをはじめ、中国語関連の資格情報、各級のレベルの違いから、各級別の具体的な試験対策法、学習の進め方まで、試験に合格するまでの道のりがわかります!

まず、中国語の検定とはどんな資格があるのかを知りましょう。中国語の検定を受けることで現在の自分のレベルを確かめることができ、目標も定めることができます。

中国語の資格は英語の次に多いと言われています。就職に有利な資格など、中国語の資格に関する基本情報をご紹介します。中国語検定・HSKをはじめ、中国語のTECC、C-Test、BCT、TOCFLの情報はこちらの記事で、ご紹介しています。

1. 中国語検定について知ろう!

中国語の資格として日本で有名な検定に、「中国語検定(中検)」があります。今年2020年で100回を迎える中国語検定は、日本語と中国語の翻訳・通訳力を測る試験。

1-1. 中国語検定(中検)の各級レベルの違い

中国語検定のレベルってどれくらい? 何級までいけば話せるようになるの? 企業が求めているレベルは? など、こちらの記事を読めば、自分がどの級を受験すればいいのかわかります。

1-2. 中国語検定(中検)の準4級~1級の具体的な試験対策法

受験する級が決まったら、試験対策したいところ。以下の記事で、中国語学習指導のプロが教える「合格するためのポイント」を各級別に解説しています。
試験の申し込み方法から、具体的な対策法までお伝えします。

準4級
4級

3級
2級
準1級
1級

2. HSKについて知ろう!

中国語検定(中検)が、英語で言う英検なら、HSKは英語で言うTOEIC。
もっとコミュニケーションが重視され、実践に活かす中国語をマスターしたい人にはおすすめの資格です。
世界共通の資格なので世界どこへ行っても資格が有効。世界どこでも受験可能です。

2-1. HSKの各級レベルの違い

HSKってどのくらい難しいの? いまの自分はHSK何級レベル? 大学入試や就職活動で有効なレベルは? HSKの各級レベルの差をくわしくお伝えします。

2-2. HSK1級~6級の具体的な試験対策法

中国語学習指導のプロが「HSKに合格するためのポイント」を各級別に解説。過去問題を使った具体的な対策法、試験までの日ごろの学習法、おすすめのテキストなど、合格するためのノウハウをすべてお伝えします。

誰しも、受験勉強で過去問題にチャレンジした経験があると思います。そのときは「解いて答え合わせ」をして終わってしまったかもしれません。過去問題集をもっと効率的に使った、合格を手に入れる勉強法を、こちらの記事でお伝えします。

1級
2級
3級
4級
5級
6級

フルーエントの受講生も6級に合格しています!是非、受講生さんの体験談をご覧ください。

3. 中国語ができれば就職もビジネスも有利

今やビジネスにおける中国の存在は誰もが納得するほど世界を誇る規模に成長しています。
身近な商品をとってもすべて中国に関連しないものは存在しないと言ってもいいでしょう。
中国語ができれば、ビジネスチャンスは大きく広がっています。

一生の資格中国語のプロとして活躍したい方は中国語の「通訳案内士」がおすすめ

ページの先頭へ