中国語のリスニングはなぜ難しい?コツさえつかめば完璧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ3,777がこの記事を参考にしています!

「中国語を学び初めて1年。HSKにもチャレンジし、4級あたりまでは独学で取得できた。読解にいたってはそこそこの点が取れているのだけれど、点数内訳を見ると、聴力パートが圧倒的に足を引っ張っている。恥ずかしくって言えないけれど、実は試験中、自信をもって聞き取れた問いがほとんどなかった。この状態で、「4級を持っています!」と言っていいものかどうか…。

さて、こちらの感想、他でもない、筆者(中国ゼミスタッフS.N、広州生活3年)自身が、中国語を学び初めてすぐの頃に感じていたことがらです。そして、実はこの「中国語は、見ればわかるが聞き取りができない。」という感覚は、日本人学習者の多くが感じるところでもあるのです。

そこそこ読めるのに。意味はわかるのに。どうして「聞く」となると、とたんに手も足も出なくなるのか。頭を悩ませ、リスニング力に対して自信の持てない方が、たくさんいます。

中国語に限らず、外国語を学ぶときに、その言語を聞き取る力というのは、短期間では身につかないものかもしれません。とはいえやはり「聞き取りの力を伸ばしたい。」そう願うのは当然のこと。

本記事では、そう切望する中国語学習者の方へ、筆者がこれまで、そして今もなお実践を続ける学習方法のいくつかや、参考となる情報を様々な角度からお伝えしていこうと思っています。

こちらの記事が、皆さんの学習の一助になれば幸いです。ぜひ最後までご覧になってくださいね。

ご協力のお願い

中国語セミナーの無料モニターを募集しています。
実は今回、新しいセミナー「中国語の正しい勉強法」の開催が決定しました。

ぜひ参加して、感想を教えて頂けませんか?(モニター参加費は無料です!)

今回、内容を大幅にリニューアルし、1年以内に中国語をマスターしたい方に向けて、さらに充実したコンテンツを追加しました。

中国語学習の最重要ポイント、これからの時代に中国語人材が必要とされる理由、そして最速で習得する「正しい勉強法」を約80分で解説。中国語の学び方、発音や文法学習に悩んでいる人の突破口となるはずです。

無料モニターは、この記事をお読みの方が対象です。こちらのページから希望の日時を選んでオンラインセミナーにご参加ください。 


1.中国語のリスニングが難しく感じる理由

まず、中国語のリスニングはなぜ私たちにとって難しく感じるのでしょうか?それには6つの理由があります。それぞれ見ていきましょう。

1-1.意味が分かるだけで満足しやすい。

筆者が中国で生活をスタートさせた頃、とある語学学校で中国語を学んだ時期がありました。そこで老师に言われ、とても驚いたことがあります。

「あなたたち日本人は、(中国語学習の)出だしは早くていいんだけれど、なかなかそこから進歩しない。反対に(漢字文化圏以外の)欧米の人は、いったん慣れてしまえば、ものすごく流暢にやりとりできるようになるのよね。」

その違いは?と問うと、 『目に頼っている。』 との回答でした。

「目」つまり、視覚情報である「漢字」に頼った勉強法を長らく続けてしまうことが、その老师いわく、我々日本人が中国語を「使いこなす」ための壁になっているとのことでした。

どういうことだろう。漢字を知っていることで、他の地域の学習者に比べたら、圧倒的に有利なはずなのにと感じたものです。

そう、私たち日本人は、良くも悪くも漢字を「知ってしまっている」。そのことで、中国語の文章を目にしたときに、おおよその意味を“推測できてしまう”のです。したがって、学習の初期の段階から、すでにHSKの読解パートは点数が高く、逆にリスニングは点数が伸びにくい、という状態を経験することになります。

※ちなみに、イスラエル出身の友人は、「漢字はpictureみたいね!」と言って、そもそも覚えようとせず、音のみで中国語を習得していました。ものすごく流暢に話すのに、ひとたび文章を読むとしどろもどろになるのが不思議でたまりませんでした。

問題なのは、漢字を知っていること自体ではありません。「漢字がわかるから、読めば意味をなんとなく理解できる」というところで満足せず、音と中国語を一体化させるためのトレーニングをいかに積めるかが、中国語が聞き取れない問題を解決できる鍵となります。中国語を学習する時は、「文字=意味」だけではなく、「音=意味」を身体に定着させるイメージで行いましょう。

1-2.日本語よりも少ない音節数

音節とは、簡単にまとめるn’gngと「母音+子音」で成り立つ音のまとまり、のこと。例えば日本。「ありがとう」を例にみてみましょう。

こちらは

a + ri + ga + to + u

合計5つの音節で成り立っていることがわかります。

中国語の場合、音節表=ピンイン表でその全体が確認できます。 音節という観点からみたとき、中国語は、一音節で成り立つ単語が多いことが、特徴として挙げられます。

日本語だと、「ありがとう」は5音節ですが、中国語は

谢谢 xie xie

 の2音節ですみます。

例えば、短い音節の単語や文章がスピーディに話されると、その速さに脳の処理速度が追いつかず、「聞き取れない!」と感じることが多いようです。

1-3.同じ「普通語」でも地域や人による発音の差が大きい

「中国語」とひとことでいっても、上海なまりや東北なまり…各地域の方言の影響を受け、全国で統一されている標準語である「普通話」ですら、多様な趣を見せています。

例えば、筆者が住んだ広州では、「shi」の音が「si」になるといった傾向がありました。同じ中国語でも、このエリアの中国語はまったく聞き取れない!そんなこともあるでしょう。

1-4.同音異義語が多い

同音異義語の多さも中国語の特徴のひとつ。

単音節でみるなら

  • 「āi」(「哎」/「哀」)
  • 「měi」(「毎」/「美」)
  • 「tāng」(「汤」/「趟」)
  •  「yǒu」(「有」/「友」)

単語だと

  • 「shùmù」(「数目」/「树木」)
  • 「fǎngōng」(「反攻」/「返工」)

などなど。

ここに、声調が違うものもあわせると、限りなく出てきそうです。

漢字をみると一目瞭然ですが、音として認識したときに、瞬時に意味に結び付けられるかが、中国語の聞き取りに際してとても大切なポイントのなることが、おわかりいただけるかと思います。

1-5.発音が悪いために聴いた音を再現できない

中国語にはあって、日本語にはない音があります。たとえば単母音の「e」やそり舌音と言われる「zhi」や「chi」。これらは意識して練習に取り組まないと、美しく発音できるようにはなりませんね。

そして、実はこの「発音の良し悪し」は、聞き取りにも大いに影響します。「e」を例に挙げて説明しましょう。

中国語の単母音「e」は、のどの奥の方から声を出す、ひらがなで書き表すとすると「え」とも「お」とも「う」とも表現できる、あいまいな音です。(ゆえに、あいまい母音と呼ばれたりもしますね)唇はゆるめて少し横に引くと発音しやすいでしょう。

繰り返しますが、「e」はそもそも日本語には存在しない音。したがって、それまで私たち日本人の脳内には「e」という音のデータがありません。しかし、「e」はこういう音だ、と意識して聞くうちに、次第に「e」の音のデータが脳内に蓄積されていきます。そしてある日、「e」を聞いたときに、ようやく「e」だ!と“聞き取れる”ようになるのだと筆者は考えています。

その音を、「その音だ!」と認識=聞き取れるためには、まずは正しい音を、ある一定量聞き続け、聞き慣れる必要があります。 たとえ日本語にはない「e」の音であっても、その音がどのように発音されているか理解でき、データが保存されていれば、「知っている音」になるのですから、聞き取りも可能になります。

データを蓄積させるために有効なのは、正しい音を聞き、そして自分でも発音をすること。舌の位置はどの辺に置くのか、その際の唇の形は?など、理解が深まり、結果、正しい発音のデータが脳内に定着していきます。 発音がうまくいかず聞いた音を再現できないでいると、正しい音のデータが蓄積されず、聞き取りにも影響があるのではないでしょうか。

1-6.語彙量が少ない

そもそも、知らない単語は聞き取れません。したがって、聞き取りの力を鍛えるためには、地道な単語暗記が欠かせません。筆者は、教育や食べもの、文化的な話題が問題として出されたときは比較的聞き取りが楽にすみますが、内容がひとたび政治、経済のものになると、ちんぷんかんぷんに…。自分の興味関心に近いもの、共感できるものなどは当然、前提知識が増え、理解しやすくなります。

逆にそうでないものは、話の内容をイメージすることすら困難に。これは中国語に限らず、日本語であっても同じことが言えます。 まずは興味関心の高いところから語彙数を増やす。次第に、普段はあまり見ないさまざまな話題にも、意識的にアンテナをはっておくようにすると、リスニングの際の大きな助けになるでしょう。

2.中国語リスニング力の強化方法

次に、中国語のリスニングを鍛える方法をご紹介します。

2-1.まずは一音一音の発音を正しく

発音練習の重要性は、前章でも述べた通りです。ひとつひとつの音がどのように発音されるのか、まずは理屈を覚え、身体に定着させていきましょう。

具体的な発音練習のコツは、以下の記事でも紹介しています。

中国語の発音の練習に役立つ情報はこちらの記事でもご紹介しています。
中国語の発音が難しいのは何故?克服するための練習方法・コツを解説

HSK認定のフルーエントの教材で中国語発音を2ヵ月でマスターしよう!『HSK公認!フルーエント中国語学院の発音教材『見てマネ60』とは』も併せてお読みください。

2-2.リスニングの訓練方法(シャドーイング)

ここからは、リスニング力を向上させるための有効な方法について、ご紹介します。ひとつめはシャドーイング。流れてくる音声のすぐあとを、影(シャドウ)のようにくっついて、繰り返すというもの。通訳トレーニングでもよく用いられる手法です。

練習のポイントは、話される内容や単語、文法事項などもしっかりと把握したものを教材にするということ。

そうすることで、抑揚やポーズも意識した発音練習が可能になり、ネイティブの息遣いをトレースすることができます。

≪シャドーイングを始める前の3ステップ≫

  1. まず、スクリプトを見ずに音声だけを聞く
  2. これ以上聞いてもわかるところが増えない!というところまで聞き込んだら、スクリプトを見る
  3. 精読:ここで、使われている構文や単語もチェックしましょう。知らなかった単語は覚えてしまいます。

決して陥ってはいけないのが、「なんとなく繰り返しているだけ」という状態!練習の効果が半減します。中国語のリズム感をつかむ、という練習の目的を忘れないでください。 慣れてきたら、スピードを1.5倍速などに上げていくと、負荷が高まってよいトレーニングになります。

シャドーイングの方法は『シャドーイングで語学をマスターする方法』を参照ください。

2-3.リスニングの訓練方法(ディクテーション)

ふたつめはディクテーションです。ディクテーションは听写とも呼ばれる練習法で、読んでじのごとく、音声を聞き、その内容を一言一句もれなく書き出すというもの。書き出すものは、漢字であったり、ピンインであったり、どちらでも可能です。

なかなか労力のかかる練習法なので、たくさんを一度にしようとせず、少しずつ、またはときおり、練習に取り入れるようにしてみましょう。素材選びのポイントは、背伸びせず、現状のレベルにあった内容のものを選ぶことです。

ディクテーションのメリットは、自分の苦手箇所の把握ができる、という点にあります。一言一句を書き写すので、

  • やるたびに聞き間違える音
  • 何度聞いてもそうとは聞き取れない音

があぶりだされます。ちなみに筆者はng/n、hu/fu、の聞き取りが苦手です。

ディクテーションは、正確な聞き取りができているかの自己検査ができると同時に、知らない単語を覚えるためにも有効な方法です。続けていると「こんな簡単な単語が思いつかなかった!」と愕然とすることがあるかもしれません。そういう単語は、「知っているつもり」になっていた可能性あり。目に頼らず(漢字に頼らず)音=イメージ、につながる語彙増強を目指しましょう!

また、ディクテーションは、やって満足しがちな練習法でもあります。ディクテーションの目的は、自分の苦手な音がどこにあるのかのセルフチェックであること!したがって、ディクテーションは必ず、あぶりだされた弱点を強化する練習をセットに行えるといいですね。

ディクテーションの方法はこちらの記事で詳しくご説明しています。
初心者から実践できる!中国語会話の練習方法【発音付】

2-4.リスニングの訓練方法(リピーティング・リプロダクション)

リピーティング・リプロダクションも負荷は高めですが、とても有効なトレーニング。シャドーイングと違うのは、流れてくる音声をいったん止め、頭のなかで内容をキープしながら同じ内容を繰り返す点。日本語の文章でいちどトライしてみてください。比較的長めの文章でもおそらく、間違いなく繰り返すことができるはずです。しかしひとたび、外国語となると…たとえ2、3語文であっても「あれ、何て言っていたっけ?」としどろもどろになることに驚かれることでしょう。

まずは短文やフレーズなどからスタートし、徐々に文章を長くしていきましょう。語彙力が強化され、聞き取りの力がついていくごとに、長い文章であっても、一度聞いたらしっかりと繰り返せるようになっていきます。 シャドーイングと同様、何となくリピートするのではなく、抑揚なども意識してリピートすることで、力がつきます。

2-5.リスニングの訓練方法(クイックレスポンス)

クイックレスポンストレーニングも効果的です。長文ではなく、単語や短いフレーズを即座に日本語訳する練習です。語彙力増強はもちろん、スピーキングの訓練にも最適です。

2-6.リスニングの訓練方法(逐次通訳)

学習が進んだら、逐次通訳トレーニングにも挑戦してみましょう。

中国語の文章を聞いて、口頭ですぐに日本語訳する練習です。集中して聞くことでリスニング力も鍛えられます。こちらも無理せず、自分のレベルにあったもの、もしくは少し簡単かな、と思われるレベルの教材を選び、徐々に負荷をあげていくことをおすすめします。

3.リスニング力を強化するための教材の選び方

リスニング力強化のための教材としてどのようなものを選べばいいのかをここでもう少し詳しく考えてみます。

選定基準は、「話されている文章を読んだときに“簡単だな”と感じるくらい」のものがベスト。8割程度が既知の単語で成り立っているものがいいかもしれません。はじめは簡単なものから、一歩ずつレベルをあげていきましょう。さらに、会話文だけが掲載されたものよりも、使われている構文や単語の意味の解説が丁寧な教材をおすすめします。

シャドーイングの箇所でもお伝えしましたが、意味のわかったものを何度も繰り返し聞くことで、使われている構文や単語が身体に定着し、それがリスニングのための血肉となります。

もし、映画やドラマを教材に使いたい!と思った場合、まずは歴史ものよりも、現代が舞台の物語を選ぶことをおすすめします!歴史映画やドラマを観ると中国への理解が各段に深まり、とても勉強になるのですが、使われるセリフがどうしても現代の言葉遣いとは異なるため、難易度があがってしまいがちです。 リスニング練習と映画を楽しむことは、いったんわけて考えると、特に初中級の段階では効率が良いように思います。焦らず、じっくり取り組みましょうね。

中国語のリスニングにおすすめの教材をご紹介しています。
中国語教材のおすすめ厳選23と効率的に使う方法

4.リスニング力を強化するためのおススメアプリ

筆者いちばんのおすすめは、「HSK公認単語トレーニング」!何と言っても、取り上げられている単語と、例文の音声がついているのが魅力。

ダウンロード:Android/iOS(無料・一部課金あり)

繰り返し述べていますが、日本人は視覚情報(=漢字)に頼りがちで、これは単語学習の際に特に顕著です。単語帳を開き、中国語をみたときに、使われていている漢字から意味が推測できるので、文字からの暗記にかける時間は、短時間で済みます。

ただ、リスニング力を強化したい!と考えられる皆さんにとって大切なのは、中国語を見て理解できるかの確認ではありませんよね。音を聞いて、即座にそのイメージが思い浮かぶかどうか。単語暗記は、そのレベルまで洗練させていきましょう。

また、例文の音声がついていることで、実際にその単語が文章の中でどのような場所でどういう使われ方をするのかを理解することもできます。単語を知っているだけではなく、実際に使うシーンもイメージして、例文を何度も聞き込んでください。

また、こちらのアプリ内には確認テストもついているので、どの程度定着したかのチェックも随時行えます。家事や通勤時間の隙間に、活用してみてくださいね。

5.「流し聴き」でリスニング力は鍛えられるのか?

ここまででも、すでに何度か「内容を理解したものをリスニング教材にしましょう。」ということをお伝えしてまいりました。話されている内容を聞き取り、理解できるレベルにまで中国語力を高めるためには、「精聴(せいちょう)=しっかり丁寧に聞く」と「多聴(たちょう)=たくさん聞く」がとても重要で、「何となく聞き流している」だけでは、大きな効果は期待できません。

もし「流し聴き」を練習に組み込むのであれば、「精聴」をしたことのあるものを、何度も聞きましょう。暗記するまで聞くことができれば、こちらのもの。リスニングの力が伸びるだけではなく、会話の際にも「あ、あのスクリプトで話されていた構文が使えるぞ!」と気づき、ふと口をついて出る瞬間がやってきます。

映画やドラマの聞き流しも、できれば同じものを何度も聞きましょう。新しいストーリーだと話に夢中になり、中国語の勉強どころではなくなるかも…?(筆者体験)

6.普通語の「なまり」や「方言」対策はどうしたら?

ズバリ、「普通話」を制する!ことに注力しましょう。少々乱暴な表現ですが、方言対策の優先順位は、低く設定しても大きな問題はありません。中国政府が全土に普及を進めてきた普通語が出来れば、おおよそ中国全土の人とコミュニケーションが可能だからです。もちろん、各地域特有の“なまり”は存在しますが、それらは基本となる普通語がちゃんと使えることで、はじめて聞き取れるもの。外国人学習者である私たちは、まずは標準的な中国語をしっかり身に着けることが肝要です。

筆者の個人的な意見ですが、「標準的な中国語を外国人である私たちが話せる」ということは、少々大げさですが、中国の人に対する友好と敬愛の情を表すためにも大切なことだと思っています。学習をされている皆さんなら、中国語を習得することがそれほど簡単なことではないことはもうご存知でしょう。文法も異なりますし、似ているとはいえ、漢字も単語も日本語とは異なるものが多く、日本語にはない発音も、ありますね。それらをしっかり学び、使うことができるということは、それだけ真摯に学習に取り組んだということ。

きれいな発音で話せたら、コミュニケーションがスムーズにとれたなら、「この人は、中国の言葉を、こんなにも熱心に学んでくれたのだ」ということが、中国の人にとって一目(一耳?)瞭然に伝わるのです。 なまりや方言の前に、まずは普通話をしっかりと話せることが、日中友好にも貢献するのだと感じています!

7.まとめ

ここまで、おもにリスニング力強化という観点から、有効な学習方法についてお伝えしてまいりました。とはいえ、実は、外国語学習というものは厳密にいうと、リスニング、スピーキング、単語暗記…というふうに、項目を細かく分けて対策する必要はそれほどありません。

本編でも述べましたが、

  • 話されている内容を丁寧に聞く
  • 話されている内容を理解する
  • それらを自分でも発音する

これらの手順を丁寧に繰り返すことで、リスニング/スピーキング/リーディング/ライティングの基礎力は総合的に底上げされていきます。 ひとつひとつの教材を、徹底して、丁寧にこなしていく。この基本姿勢を忘れず、学習を継続していけば、かならず力はついていきます。一朝一夕で培われる力ではないからこそ、ひとたび身に着けば何にもまさる、自分の強みとなるでしょう。 こちらの記事を参考に、学習を続けてみてください。応援しています。

記事をお読みいただきありがとうございました。

中国語ゼミ読者のみなさまは、

・中国人と流暢に会話を楽しめるようになりたい
・ビジネスで使えるレベルの会話が出来るようになりたい
・ニュースや映画を字幕なしで読めるようになりたい
・HSKなど中国語の試験に合格したい


などなど、夢や目標をお持ちだと思います。

そんなあなたにお願いがあります。

実は今回、新しいセミナー「中国語の正しい勉強法」の開催が決定しました。

私たちのセミナーに参加して、感想を教えて頂けませんか?(モニター参加費は無料です!)

今回、内容を大幅にリニューアルし、1年以内に中国語をマスターしたい方に向けて、さらに充実したコンテンツを追加しました。

中国語学習の最重要ポイント、これからの時代に中国語人材が必要とされる理由、そして最速で習得する「正しい勉強法」を約80分で解説。中国語の学び方、発音や文法学習に悩んでいる人の突破口となるはずです。

無料モニターは、この記事をお読みの方が対象です。こちらのページから希望の日時を選んでオンラインセミナーにご参加ください。




\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国語ってどんな言語?読めばわかる中国語のすべて

中国語に興味があるあなたへ!「中国語ってどんな言語?」文字の種類や方言、四声・ピンイン、文法、学習方法の要点、中国語の挨拶や日常会話表現等「中国語」のすべてを伝授。

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。

中国語は日本人との相性が抜群!初心者が短期間で中国語をマスターするための順番から勉強法のコツまで…10,000人以上を指導したプロが「効率的な学習法」を伝授!

・中国語は発音が重要!この記事では初心者にもわかりやすく解説しています。

中国語は、「発音」さえクリアすれば、日本人にとって本当に習得が簡単な言語です私(ヨーロッパ在住MC)は、中国語を勉強し始めのころ、アジア食材店で働く中国人に「我是日本人(Wǒ shì rì běn rén)。私は日本人です。」と言っても全く通じず、とても悔しい思いをしました。結局英語を使って会話しましたが、中国語をいくら勉強している気になっても、話して通じなければ意味がない。という現実に打ちのめされました。今や世界中どこへいてもオンラインで会話をすることが容易になりました。中国語で話せる機会はいくらでも簡単に見...

・勉強のコツのヒントが得られるかもしれません。フルーエントにて中国語を学習されている受講生の声はこちら



中国語ゼミ編集部

中国語の初心者~上級者向けの学習サイト。中国語の勉強法、検定試験、中国語の表現、中国のビジネスや文化について定期発信。
おかげさまで既に100万人以上の方からアクセスを達成!
編集部のスタッフはの在住地も中国・日本・ヨーロッパと様々です。フルーエント中国語学院(https://chinese-semi.com/tsushin/)の
現役トレーナーも執筆しています。ゼロから中国語の勉強をスタートさせて、HSK6級や旧HSK7級を取得した上級者だからこそわかる、
効率的な勉強法や挫折しないためのコツをお伝えします。
今やどこでも学習できる時代!中国語や中国文化に興味ある仲間を増やすことが私たち中国語ゼミの願いです!

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください