再見(ザイチェン)|別れ・さようならの中国語挨拶まとめ【発音付】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ32,558がこの記事を参考にしています!

別れの挨拶は、相手に深く印象を与える場面です。

相手が中国人である場合、中国語で別れの挨拶をすると、とても好印象を与えられます。

別れの場面と一口に言っても、また今日は別れて明日また会う場合や、また、二度と会わないかもしれない別れなど、いろいろな場面があり毎回同じではありません。

この記事では、どんな別れのシーンでも使える中国語の挨拶「再見」とその他お別れの挨拶表現について解説します。いくつか覚えておくと活用の幅が広がります。

お願いがあります!
実は今回、弊社の中国語習得セミナーの無料モニターを募集しようと思います。

私たちのセミナーに参加して、感想を教えて頂けませんか?(モニター参加費は無料です!)
このセミナーは1年以内に中国語をマスターしたい方に向けた、入門セミナーです。
入門とはいえ、見るだけで中国語習得における最重要ポイント、正しい学び方、ちょっとした裏ワザまで一挙に理解できるように話しています。 スマホからでも、パソコンからでも、希望の日時で自宅からオンライン参加できます。

この記事を見ている方が対象ですので、ぜひ参加していただけないでしょうか?詳しくはこちらのページに書いてありますので、ぜひ判断してみてください。

1. 中国語のさようなら「再见」

さようなら
Zàijiàn
再见
ザイ ジィェン

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/966efeeb72a1323e5ca3af6fc9761c03.mp3

 「さようなら」は中国語で「再见」と言います。発音はカタカナで「ザイチェン」や「ザイジェン」「ザイジィェン」と表現されることが多いですが、中国語は発音が命!なるべくカタカナに頼らずピンイン読みで発音できるようにすることをオススメします。 別れの挨拶として使われる「再见」、まずは使い方のポイントを見ていきましょう。

1-1. お別れの挨拶

「再见」は、ポピュラーな中国語の一つなので別れの挨拶として聞いたことがある人は多いと思います。言いやすく覚えやすい言葉なので、すぐに活用できる中国語です。改まったお別れの挨拶や、軽い別れ際の挨拶にも活用できるのでお別れの場面で、意識して活用してみてください。

1-2. 二度と会うことがない場合でも使用する

「再见」は「再び見る(会う)」と書きますが、夫婦の離婚や恋人との破局場面など、二度と会うことがない場合の別れ際の言葉でも使います。同じ言葉ですが、場面により意味合いが少し異なるため、気持ちを込めて話すことがポイントになります。その場の状況や雰囲気に応じてトーンを調節しましょう。

1-3. 再び会うという意味で使用する場合は単語をプラスする

「再见」の「再」を、具体的な日にすることで、この日にまた会いましょうという、明るい別れ際の挨拶ができます。

明日会いましょう
Míngtiān jiàn
明天见
ミン ティェン ジィェン

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/269cb0d59afb7d195747268ab0ca4ade.mp3
来週会いましょう
Xià zhōu jiàn
下周见
シァ ヂョウ ジィェン

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/9a0022e9125eb43e9a71602eb480ed23.mp3

目上の人、友達、どんな人に対しても、「また会いましょう」という意味の分かれの挨拶に使用できます。

中国語の「さようなら」表現をシーン別にご紹介しています。
【発音付】中国語で「さようなら」って何ていうの?

 

2. 中国人に通じる「再见」の発音ポイント

発音のポイントを押さえて、きれいな発音で通じる中国語をマスターしましょう。

2-1. 中国語には濁音という概念がない

中国人は濁音も清音も同じように聞こえます。

一方、中国語には「有気音」と呼ばれる呼気を伴った音と、「無気音」と呼ばれる呼気を伴わない音の区別があります。有気音と無気音は、それぞれ異なる音なのでしっかりと区別して発音することがポイントになります。

中国語の「再见(Zàijiàn ザイジィェン)」は、「エ」をしっかり発音するのがコツ。「エ」をしっかり発音した後、「ン」をはっきり言うのではなく、自然に置く感じにするときれいに聞こえます。クリアで発音することが中国語の特徴なので、発音にも意識して使用してみましょう。

2-2. 声調に注意する

中国語の第一関門として、四声というものがあります。四声とは、中国語のひとつひとつの音における「音程の上げ下げ」のことで、声調と言うこともあれば、合計4種類あるので四声と言うこともあります。正しい中国語を話すには、この四声も含め発音をしっかり行わないと意味が通じない場合が多いです。普通のカタカナやローマ字読みをしていては、意味が伝わりにくく、正しい中国語には程遠くなるのでしっかりと覚えましょう。

四声について詳しく知りたい人は、こちらをチェックしてみるとよいでしょう。動画もあるので、口の動きも確認でき、正しい発音を意識しやすくなります。発音が苦手な人でも、わかりやすく解説しています。
【音声・動画付】これで解決!四声(声調)の発音と入力

2-3. 1回では気持ちが伝えきれないときは2回続けて言う

日本語でも同じように、1回では気持ちが伝えきれないときは、2回続けて言うことがポイントになります。

さようなら!
Zàijiàn zàijiàn
再见,再见!
ザイジィェン ザイジィェン

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/b51fe5899d861b5b1e3252f359a9c3dc.mp3

別れの言葉だけではなく、他の言葉でも同様で、1回では伝えきれない場合は2回続けていうことを意識してみましょう。それ以上になると、しつこさが出てしまうので、2回にとどめて使用しましょう。

 

3. 「再见」以外の別れの挨拶

ザイチェン

ザイチェン以外にも別れの挨拶があります。言葉を知っておくことで、上手に使い分けることができます。

3-1. 日本語と同じ「バイバイ」

「バイバイ」は日本でも使用する言葉ですよね。大人同士でも使用します。英語から来ている言葉で、日本と同じように、気軽な「さようなら」という意味で使用すると自然です。「バイ」と発音するのではなく、「バァイ」と発音すると、きれいに発音できるコツになります。かしこまった挨拶ではなく、軽い挨拶になるので、相手によって使い分けるとよいでしょう。

Bài bai
拜拜
バイ バイ

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/d8883a338262ba9ecb6c1b5f0a85f066.mp3

3-2. ぐっと上海人に近づくフレーズ

さようなら
Zài huì
再会
ザイ フゥイ

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/7141b91850b67f4250ec89eaffb47ff8.mp3

こちらも「さようなら/また会いましょう」の意味で使われます。上海や近郊都市では方言の影響で、比較的よく使われます。

3-3. お店がお客様に言うフレーズ

お店の店員さんがお客にかける言葉として使う表現があります。

またのご来店をおまちしています
Huānyíng zàilái
欢迎再来
ファンインザイライ

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/d5037a7a35426be000e63583caa021d0.mp3
また来てくださいね
Xiàcì zàilái
下次再来
シァ ツー ザイ ライ

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/6e7537dae8a5d7e141364d818dde8e9d.mp3

日本でも、「またのお越しを」という言葉があり、営業用語として活用されていますね。

中国語で「いらっしゃいませ」などの接客用語をまとめました。こちらも参考にしてください。
【発音付】中国語で「ようこそ」「いらっしゃいませ」って何て言うの?
発音付|中国人をおもてなし!中国語接客フレーズ181

3-4. 次回会う約束をした後に「絶対来てね」と念を押すフレーズ

別れ際の挨拶ですが、具体的に日にちを決めて会う約束をした後に使用することで、よい雰囲気の別れができます。

会えないと、来るまで待ってるからね
Bùjiàn bùsàn
不见不散
ブー ジィェン ブー サン

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/99bb7236b8ed7409ff8a6d317311ca62.mp3

目上の人に対して使う言葉というよりは、親しい友人や恋人との別れ際に使用するのが自然です。 改まった雰囲気ではなく、仲の良い同士が使用する言葉として覚えておくとよいでしょう。

「不」は基本的には第四声(bù)ですが、後ろに第四声がくるときは、第ニ声で読むという約束があります。そのため「Bùjiàn bùsàn」の発音は実際には「bújiàn búsàn」となります。詳しくは、『中国語発音(ピンイン)動画講座|初心者が2ヶ月でマスター』の「8.「不」の変調」で解説しています。ご覧ください。

3-5. 「いつの日かまた」と名残惜しい別れの挨拶

名残惜しい別れの挨拶には、「いつの日かまた」という言葉が使えます。

いつの日かまた
Hòuhuì yǒuqī
后会有期
ホウ フゥイ ヨウ チー

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/42dc6a9c7789e6af9375ce8946fd60eb.mp3

再び会いたい気持ちがあるものの、いつ会えるかわからないという名残惜しい別れです。軽い感じの別れではないので、言葉を選んで活用しましょう。

3-6. 亡くなった方への別れの挨拶

別れでも、亡くなった人への別れの挨拶は「一路走好」を使います。

ご冥福をお祈りします
Yīlù zǒuhǎo
一路走好
イー ルー ゾウ ハオ

https://cn-seminar.com/wp-content/uploads/2018/06/712c19150e382fb3b32dee22e4a7814d.mp3

故人への哀悼の言葉で、「あの世の人生がどうか素晴らしいものでありますように」という願いが込められた言葉ともいわれています。普段の別れの挨拶には決して使用しない言葉なので、使う場所をわきまえて使用しましょう。

まとめ. 意味と発音を理解したら「再见」を使ってみよう

別れにはいろいろな場面があり、種類を把握しておくことで、上手に使い分けることができます。発音にも注意をして、積極的に中国語を活用していきましょう。

今回、そんなあなたにお願いがあります!実は、弊社の中国語習得セミナーの無料モニターを募集しようと思います。

私たちのセミナーに参加して、感想を教えて頂けませんか?(モニター参加費は無料です!)

このセミナーは1年以内に中国語をマスターしたい方に向けた、入門セミナーです。

入門とはいえ、見るだけで中国語習得における最重要ポイント、正しい学び方、ちょっとした裏ワザまで一挙に理解できるように話しています。 スマホからでも、パソコンからでも、希望の日時で自宅からオンライン参加できます。

この記事を見ている方が対象ですので、ぜひ参加していただけないでしょうか?詳しくはこちらのページに書いてありますので、ぜひ判断してみてください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国語ってどんな言語?読めばわかる中国語のすべて

中国語に興味があるあなたへ!「中国語ってどんな言語?」文字の種類や方言、四声・ピンイン、文法、学習方法の要点、中国語の挨拶や日常会話表現等「中国語」のすべてを伝授。

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。

中国語は日本人との相性が抜群!初心者が短期間で中国語をマスターするための順番から勉強法のコツまで…10,000人以上を指導したプロが「効率的な学習法」を伝授!

・中国語は発音が重要!この記事では初心者にもわかりやすく解説しています。

中国語は、「発音」さえクリアすれば、日本人にとって本当に習得が簡単な言語です私(ヨーロッパ在住MC)は、中国語を勉強し始めのころ、アジア食材店で働く中国人に「我是日本人(Wǒ shì rì běn rén)。私は日本...

・勉強のコツのヒントが得られるかもしれません。フルーエントにて中国語を学習されている受講生の声はこちら



中国語ゼミ編集部

中国語の初心者~上級者向けの学習サイト。中国語の勉強法、検定試験、中国語の表現、中国のビジネスや文化について定期発信。
おかげさまで既に100万人以上の方からアクセスを達成!
編集部のスタッフはの在住地も中国・日本・ヨーロッパと様々です。フルーエント中国語学院(https://fluent.asia/tsushin/)の
現役トレーナーも執筆しています。ゼロから中国語の勉強をスタートさせて、HSK6級や旧HSK7級を取得した上級者だからこそわかる、
効率的な勉強法や挫折しないためのコツをお伝えします。
今やどこでも学習できる時代!中国語や中国文化に興味ある仲間を増やすことが私たち中国語ゼミの願いです!

関連記事Related Articles

中国語の「痛い」使える表現集・痛みの程度【発音付】

「痛いっ!」「あいたたた」「痛~い」など Read more

中国語で「おやすみ」を言ってみよう!|発音付

中国語で「おやすみ」を何というか知ってい Read more

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ