【初心者向け】中国語の本選びにはポイントがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ1,626がこの記事を参考にしています!
  • 中国語の解説本は多いけれど、初心者に向いているものが分からない。
  • 効率的に活用できる中国語の教材本を知りたい。
  • Amazonや楽天で中国語の本を見つけても「内容が見れないから自分に合う本かどうか分からない」
  • 書店で見つけたとしても「実際に使ってみないと分からない」

そんな方のために、中国ゼミの記事では初心者向けの本選びのポイントと実際に中国ゼミで厳選した中国語の勉強に役立った本を紹介していきます。お勧めしている本は、いずれも初心者に役立つ本ですが、繰り返し学習することで基礎が固まります。ぜひ参考にしてください。

なお、中国ゼミでは、中国語を最短でマスターするオンライン講座を、期間・人数限定でプレゼントしています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

フルーエントの学長が自ら、中国語を効率的にマスターする方法を伝授しています。中国語の学習を始めようとしている方や、既に学習の方でも、上達方法のヒントをつかみましょう!こちらの記事をご参照ください。
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法【動画付】

1. 中国語の教材本を選ぶ時のポイント

学習する語学は何であれ、どの教材本を選ぶかは非常に重要です。まずはじめに、中国語初心者が教材の本を選ぶ際にはどのようなポイントを基準に選ぶべきか見ていきましょう。

中国ゼミおススメの教材と学習法はこちらの記事をご参照ください。
中国語教材のおすすめ厳選23と効率的に使う方法

1-1.『1分野1教材』で選ぶ

まず、教材選びにおいて最も大切なことは、多くの内容を広く浅く詰め込んだ教材や苦手な分野の教材をバラバラに買っていくよりも「1分野1教材で専門的な教材を選ぶ」ということです。分野とは次の5つになります。

1 発音 「発音」に特化した教材
2 総合 発音や文法解説、単語、フレーズなどが総合的にに扱われている教材
3 短文 重要な「構文」が紹介されている教材
4 単語 「単語集」
5 検定試験の過去問集・模擬試験  中国語検定やHSKの検定試験対策の問題集

はじめて中国語を学ぶときは分からないことが都度たくさん出てきますが、1分野1教材であれば詳しい解説もあるので、突っ込んだ内容の不明点も解決しやすいことが一番の理由です。

中国語の学習では、これらを同時並行的に徹底的にやっていきます。そうすることで、効率的に強固な中国語力を身につけていくことができます。 中級以上のレベルになれば、苦手分野を徹底的に克服するための教材を選ぶことも重要ですが、中国語初心者にとっては、「読む・聞く・話す・書く」を総合的に鍛えて基礎を固めることが中国語を効率よくマスターするカギです。

各分野について、取り組む教材を1冊に絞って総合的な基礎力をまずはつけましょう!

中国ゼミのこちらの記事でも、おすすめの中国語教材や教材を使った学習方法を伝授しています。是非、ご参照ください。

1-2. リスニングCD付きである

日本人にとって、中国語は比較的他の言語に比べて学習しやすく簡単です。漢字が理解できるということは、圧倒的なアドバンテージです。 しかし、中国語の学習でつまずく人が多いのは、「発音がとても難しい」からです。

漢字がなんとなく理解できても、発音できなければ中国語の習得はできません。 正しい発音を覚えるには、リスニングCD付きの教材が効果的でしょう。リスニングCDでとにかく多くの中国語を聞くことによって、正しい中国語の発音が耳に馴染んできます。中国語のネイティブの発音の感覚をつかむには、繰り返し聞き、自分でネイティブの発音をまねて、身体で覚えることが効果的です。この勉強法を『シャドーニング』と呼びます。

正しい発音を身に付けるにはリスニングCD付きの教材が効果的ですが、DVD付きの教材であればさらに良いでしょう。DVDであれば映像を見ることができて、口の動かし方を目と頭で理解し、身体で覚えることができるからです。耳から聞いて発音できない単語でも、口の動かし方を見ると発音のコツがもっと理解できるでしょう。

中国語の発音練習は、フルーエントの『見てマネ60』でも伝授しています。実際に説明を聞きながら発音することによって頭で理解しながらマスターできます。是非こちらの動画をご参考にしてください。

中国語の発音練習に欠かせない『シャドーイング』の具体的なやり方は、こちらの記事で詳しくご説明しています。
シャドーイングで語学をマスターする方法

1-3. 文法と発音の解説が掲載されている

初心者のうちは、基本的な文法学習と発音の基礎勉強が必要です。それらをしっかり学習するためには、舌の位置や口の形の写真や図があり、論理的な解説をしている教材が良いです。本で学習するということは独学なので、どうしても自分なりの理解をするしかありません。しかし図解が充実してれいてば、その理解を助けてくれることになります。

また、論理的な解説をしている教材が良いのには決定的な理由があります。実は、耳から入る音のみで外国語を習得できる年齢は、2才くらいまでが限界だと言われているのです。それ以上の年齢になると言葉を聞き分ける能力が下降線をたどり、自然に言葉を耳からのみ覚えることが難しくなります。しかし論理的に解説している教材があれば、感覚ではなく理解する助けになり、上達がスムーズになります。

発音練習を耳からのリスニングだけでなく、解説を理解する方法は一見遠回りなようですが、実は最短で中国語の発音基礎がマスターできる最も効果的な方法です。

1-4. 中国語検定に対応している

初心者の方は中国語検定なんて先の話だと思うかもしれませんが、中国語検定の合格を目標に勉強することは、使える中国語をマスターする最短ルートです。

中国語検定という具体的な目標があるからこそ、「読む・書く・聞く・話す」を効率的に鍛えることができます。 初心者が、中国語検定に対応している教材を選ぶ場合は、3級や4級がふさわしいでしょう。レベルに合った教材を選ぶことで、効率的に中国語を吸収できます。

 

2. 初心者におすすめの中国語教材

1章でも述べた通り、初心者が中国語教材を選ぶ際には、発音・単語・総合・短文(文法)の教材本を、それぞれ1冊揃えて、それを完璧にやり遂げることが大事です。

どの分野にもありがちなことですが、決して、教材の本を購入したことで、満足感を得て終わってしまわぬように注意しましょう。 中国ゼミで厳選した初心者へおすすめの教材の本を次にご紹介します。

2-1. アスク 改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター』(アスク; 改訂新版)
外国語を発音するときは口の動かし方が分からないので、正確に発音できないことが多いですが、こちらの本は口の動きを丁寧に解説しています。口の動かし方が分かれば、正しい発音に大きく近づくことができます。 中国語を覚えるのに最大の難関といえる発音。その1600ある発音を徹底的にマスターすることが中国語取得への近道と言えるこの1冊。2003年発売から好評の改定版です。

2-2. jリサーチ出版 新ゼロからスタート中国語文法編

新ゼロからスタート中国語文法編』(Jリサーチ出版)
 中国語の基礎を固めるには発音と文法の勉強を欠かすことができませんが、こちらの本を活用すれば独学でも、学習することができます。まずは声調、子音・母音、ピンインなど正しい発音を身につけて、文法編で基礎文法をしっかり学習します。 文法公式としてまとめられており、書き込みできるスタイルは理解しやすい参考書です。発音と文法を同時に理解することは自然な中国語を使うためには不可欠です。

2-3. べレ出版 本気で学ぶ中国語

本気で学ぶ中国語』(ベレ出版)
 こちらの本の特徴は、CDが4枚付いていることです。4枚のCDの中に、会話トレーニング・文型トレーニング・重要な中国語表現が、すべて収録されています。耳を通して中国語を覚えるので、自然に中国語の発音に慣れることができます。 基本となる発音と文法の構文をしっかり身につけることに重点をおいているのは、中国語を見つけることは「建物を建てる」行為と同じであるという著者の考えに基づいて構成されています。

2-4. キクタン中国語【入門編】中検準4級レベル

キクタン中国語【入門編】中検準4級レベル』(アルク)
 中国語をマスターするには単語を覚えることが必要ですが、こちらの本はCDを活用することで、耳で中国語入門レベル504の単語を覚えることができます。収録されている単語は、中華風の音楽に乗せて流れるので、楽しく単語を覚えることが可能です。 504の単語数は中検準4級レベルのなので、検定対策にも活用できます。こちらの本では、学習するペースを1日8語×9週間や、学習時間別に3つのモードで学習法を選べるので、各々のスケジュールに合わせて学習しやすいです。

2-5.新訳第3版 中国語会話301(上)(下)

新訳第3版 中国語会話301 DVD版(上)』『新訳第3版 中国語会話301 DVD版(下)
 こちらの本は、中国の大学をはじめ、多くの中国語教育機関で使用されていますが、基本構文・会話文・文法・新出単語・練習問題の5つで構成されています。収録されている301の中国語のフレーズを覚えることで、基本的な会話力が身に付きます。 こちらの本に対応しているCDもありますが、より分かりやすい発音の説明が必要な方にはDVD版がおすすめです。

 

選んだ教材本を徹底的に繰り返し学習しよう

教材本を選んだら、まず最初の数ヶ月は発音の基礎をつくることに徹底しましょう。発音が聞き取れる・話せるということが、中国語をマスターするための第一条件で、最も重要なポイントです。発音練習で飽きてしまう方も多いと思いますが、ここが一番重要です!発音さえ身につけば、後はもっとスムーズに学習でき、楽しくなること間違いなしです!

そして、次のステップとして並行して「読む・聞く・話す・書く」の総合力を鍛えていくために、「総合」教材・「短文」教材・「単語」教材の教材を使いましょう。 また、中国ゼミでは、中国語の学習の効率的な方法として、自分の今の中国語力をチェックする意味で、中国語検定やHSKといった検定試験を受験することをお勧めしています。 この学習を毎日繰り返し、隙間時間があるときにも率先して、教材を復習しましょう。

本は、自分で書き込み出来るので、自分が間違えやすい箇所などを追加で書き込んだり、独自の参考書にもなります。選んだ教材はすべて暗記するというくらいの意気込みで徹底して学習しましょう!

中国ゼミでは、中国語の学習を頑張るあなたへ。無料のオンライン講座を開講しています。勉強法のアドバイス等もご案内しています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法【動画付】

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ