HSK1級に2ヶ月で満点合格する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HSK1級100点png

のべ3,619がこの記事を参考にしています!

現在webでは、誤りのある中国語の知識や表現・発音などが公開されています。

中国ゼミでは、皆さんの中国語学習がより良いものになるため、ノウハウや情報は独自の内容を採用、知識や表現は、中国人や中国在住の日本人スタッフによって確認をし、正しい情報をお届けしています。

HSK1級表HSKは、1級が一番易しく、6級が最もレベルの高い級になります。

HSK1級に合格できる中国語力は、「とても簡単な中国語の単語を使って、具体的な要求を伝えることができるレベル」です。具体的には、「このコップはいくらですか?」「あなたはどこの国の人ですか?」「いま家に居ますか?」などの簡単なフレーズが聞き取れる・話せるレベルです。

また、HSKは1級の受験者の学習目安を、「毎週2~3時間を半年、中国語を学習し、150語程度の最常用単語を使うことができる」レベルとしています。

しかしこれは漢字を全く知らない欧米などの学習者を含めた学習時間です。日本人は、中国語の一番の特徴である「漢字」の意味を既に理解していますよね。

もしあなたが中国語学習時間ゼロの初心者であったとしても、真面目に2ヶ月取り組めば、HSK1級は満点で合格できます。

もし、「そんなカンタンな級は時間と受験料の無駄だ」と思うなら、1級はスルーしてどんどん上の級にチャレンジしましょう。その場合、この記事は読み飛ばして、『HSKを受験するなら必読!<レベル>の話 1級~6級』を参考に、最初にどの級を受験するか決めましょう!

一方で、HSKの最下級である1級で「満点を取って自信を付ける」という考え方があります。常に目の前に「検定に合格する」という目標を設定し、一段一段ステップをクリアしていくことも、語学の学習法として有効です。

この記事では、HSK1級の受験を考えるあなたに、中国語学習指導のプロである私が、HSK1級に満点で合格する方法をお教えします。フルーエント中国語学院の受講生でこの方法を確実に実践した方は、全員この方法で合格しています。信じて取り組んでみてください。

ここで、「検定の合格と実際に使える語学力は別物ではないか」と考える人もいるかもしれません。実際にTOEICでハイスコアを獲得していても英会話は…という人もいます。その原因は、あまりに検定に特化した勉強をしてしまっているから。しかし、「検定を利用」した形であれば、本当に使える中国語力を身に付けることが可能です。

「検定こそが実践的な中国語力の最短ルートだ」と断言します!

1 HSK1級の試験スケジュール・点数配分・合格点

まずはHSK1級試験の基本的なところを確認しておきましょう。

1-1 試験日程・会場

HSKは中国政府が認定する国際的な中国語の検定試験で、現在中国をはじめアメリカやヨーロッパなどの世界中の多くの国と地域で、毎月実施されています。

日本での実施は、東京・大阪・名古屋など全国主要都市で年4回(おおむね3・6・9・12月。東京会場のみ7・10月も実施)。日程や会場、申し込み方法を、HSK公式ホームページで確認しておきましょう。

→日本での受験:HSK日本公式ホームページ(http://www.HSKj.jp/guide/index.html

→日本以外での受験:汉语考试服务网(http://www.chinesetest.cn/index.do

1-2 試験当日スケジュール

試験当日は以下の流れで試験が行われます。

① 試験開始・注意事項の説明
② 必要事項の記入
③ 問題用紙の配布
④ <リスニング>試験(約15分間)
⑤ 解答用紙への記入(約3分間)
⑥ <読解>試験(約17分間)
⑦ 試験終了

1級の試験時間は短く、<リスニング>は20問を約15分間、<読解>は20問を約17分間で解答しなくてはなりません。

各セクションには区切りがあります。<リスニング>セクションの試験時間が始まると<読解>セクションの解答用紙に戻ることは出来ません。

1-3 点数配分・合格点

<リスニング>、<読解>各セクションの配点は各100点、合計200点満点で評価されます。合格ラインは総得点120点以上、つまり全体の6割の点数が取れれば合格です。各セクションの足切り点はありませんし、例えばリスニングが苦手でも、読解で高得点を取れれば合格です。しかし一番易しいレベルの1級はノーミス、満点を狙って行きましょう!

2 HSK1級満点合格のための試験対策ポイント

2-1 過去問題を解いて「試験のクセ」を知る

試験の前に、過去問題を解いて「試験のクセ」を掴みましょう。どんな検定や試験でもそうですが、試験問題にはクセや傾向があります。試験のクセを知り慣れておかないと、試験中に焦ってしまい、本来の実力が出せません。普段の学習に加え、試験の2~3週間前ごろから過去問題や模擬試験に取り組み、本番に備えましょう。

問題サンプル、過去問題は中国のHSK公式ホームページからダウンロード出来ます。一度チャレンジ、レベルチェックしてみてください。

ダウンロードページ→汉语考试服务网(http://www.chinesetest.cn/godownload.do
過去問DL可能ページスクショ

※「新HSK(一级)考试大纲下载」「HSK一级真题与答案下载」「听力音频文件」が1級の問題と答案です。

 

 

2-2  HSK1級解答の3つのカギ

①正しい発音を身につけてリスニング問題をクリアする

<リスニング>セクションの問題は、基礎的な単語を正確な発音で覚えていれば、確実に解答できます。

「聞き取り」と「発音」は表裏一体で大きな関係があります。どんな言語でもそうですが、正しい発音を身に付けることがリスニング力の向上につながります。

中国語学習において、最も難しく、かつ最も重要なのが「発音」です。中国語には日本語にない「音」がたくさんあります。例えば、日本人が最もよく口にするであろう「我是日本人(wǒ shì rì běn rén)」というフレーズ。これを「ウォーシーリーベンレン」とやったのでは、中国人には通じません。日本人の苦手な「sh」「r」そして声調を確実に発音出来てこそ、ようやく中国語として理解してもらえます。

中国語独特の「発音」「声調」「四声」を、HSK1級を受験するこの段階で身に付けることが重要です。日本人にとって文法や単語よりも難しいのが「発音」ですが、逆に言えば、難しいのは「発音」だけなのです。ここだけは心して取り組みましょう!

②HSK1級範囲の単語が解答のカギ

HSK1級は150語習得が必要なレベル。HSK1級の問題の選択肢は、すべてこの範囲の単語です。つまりこの範囲の単語さえ確実に覚えれば、100%解答できるということです。

※試験範囲の150語は、『例文で覚えるHSK基本語彙集 1-4級』(白帝社)もしくは、中国のHSK公式サイト(http://www.chinesetest.cn/godownload.do)からダウンロード出来る単語リスト(新汉语水平考试(HSK)词汇)で確認出来ます。

ちなみにどんな問題が出題されているか見てみましょう。

【<読解>セクション(穴埋め)の問題例(新汉语水平考试大纲より)】

  Nǐ    bàba de yīfu le ma ?
男:你(  )爸爸 的 衣服 了 吗?
  Zài zhuōzi hòumiàn.
女:在 桌子 后面 。

(選択肢)
A 家(jiā)  B 火车站(huǒchēzhàn)  C 对不起(duìbuqǐ)  D 名字(míngzi)  E 看见 (kànjiàn)  F 学习(xuéxí)

(正解:E)

解説: 問題と選択肢にあるすべての単語が、HSK1級の単語リスト中の単語です。問題文には疑問を表す”吗”があるのに、動詞が無いことから、( )には動詞が入ることがわかります。選択肢の中から動詞を探し、Eの「見える」とFの「学習する」の中から文脈に合うEを選択します。すべての単語を確実に覚えていれば、楽勝ですね!

③膨大な問題量を解いていく、スピード勝負

HSKは問題量に対して、解答時間が短めです。予め過去問を解くことで、問題傾向を把握しておきましょう。HSK1級の<読解>セクションは、出題部分に「選択肢の中から正しいものを選ぶ」「A・B群の中からそれぞれ会話として成り立つものを選ぶ」などの設問は書かれていません。例を見て出題を判断することになりますが、毎回出題形式は同じです。事前に設問を理解しておくことで、解答にかける時間を短縮しましょう!

3 HSK1級に満点合格するための勉強法

HSKを受験する前に、必ず過去問題を解いておきましょう。

過去問題集を使う目的は3つ。①解答にかかる時間を測る ②自分に何が足りていないかを知る ③復習ツールとして使うことです。その中でも最大の目的は「復習」です。厳禁なのは「問題の解きっぱなし」。問題集を買って、いくら解きまくっても力になりません。過去問題を解いたら、答え合わせ、そこで出来なかった問題だけを復習・覚える、という形で復習しましょう。過去問は試験の2~3週間前から取り組み始めます。

試験問題を効率的に活用する具体的な勉強法については、
HSKの過去問題集を120%活用する試験対策法」記事を参照してください。

4 試験問題の形式を知る

試験問題の見本である新漢語水平考試験大綱(新汉语水平考试大纲)から、問題例を抜粋しました。また、問題・解答の和訳も付しました。試験問題がどんな形式なのか、おおまかにつかんでおきましょう。

4-1 <リスニング>セクションの問題例

パート 内容
第1部分 放送される短い文が写真と一致するかを答える
第2部分 放送される短い文と一致する写真を選ぶ
第3部分 放送される短い会話の内容と一致する写真を選ぶ
第4部分 放送される短い文に対する質問に答える

【第1部分の問題例】

短文が2回放送されます。その内容と、写真が一致するかを答えます。

(放送された問題と和訳)
hē shuǐ
喝 水 (水を飲みます)

(問題用紙)
HSK1級リスニング問題_1

(正解:×)

【第2部分の問題例】

短い文が2回放送されます。その内容と一致する写真を選びます。

(放送された問題と和訳)
Wǒ érzi zài dàxué dúshū .
我 儿子 在 大学 读书。(私の息子は大学で学んでいます。)

(問題用紙)

HSK1級リスニング問題_2

(正解:B)

【第3部分の問題例】

短い対話文が2回放送されます。その内容に合う写真を選択肢の中から選びます。

(放送された問題)
  Tā huì kāi chē ma ?
女:他 会 开 车 吗?(彼は運転できますか?)
  Huì .Tā kāi chē sān nián duō le.
男:会。他 开 车 三 年 多 了。(できます。彼は三年以上運転しています。)

(問題用紙)

HSK1級リスニング問題_3

(正解:E)

【第4部分の問題例】

短い文と、その内容に対する質問が2回放送されます。その答えを選択肢の中から選びます。

(放送された問題)
Xià ge yuè ,wǒ hé Wáng lǎoshī qù Běijīng .
下 个 月, 我 和 王 老师 去 北京 。 (来月、私と王先生は北京へ行きます。)
  Tā hé shéi qù Běijīng ?
问:他 和 谁 去 北京 ?(彼と誰が北京へ行きますか?)

(選択肢)
A 老师(lǎoshī)(先生) B 妈妈(māma)(お母さん) C朋友(péngyou)(友達)

(正解:A)

4-2 <読解>セクションの問題例

パート 内容
第1部分 写真と単語が一致しているか答える
第2部分 複数の写真の中から、短文の内容に一致するものを答える
第3部分 疑問文と返答の内容が、対応するものを選ぶ
第4部分 文中の空所部分に、適切な単語を1つ補い、意味の通る文を作る
【第1部分の問題例】

写真と単語が一致しているかを答えます。

HSK1級読解問題_1

(正解:×)

【第2部分の問題例】

複数の写真の中から、短文の内容と一致するものを答えます。

HSK1級読解問題_2

Tā míngtiān zuò huǒchē qù .
她 明天 坐 火车 去。(彼女は明日汽車に乗って行きます。)

(正解:C)

【第3部分の問題例】

相関関係のある文を選びます。

Nǐ ài chī shénme shuǐguǒ ?
你 爱 吃 什么 水果 ?(あなたは、果物は何が好きですか?)

A 中国人。(中国人) B 7点了。(7時になりました) C 苹果。(りんご) D 20块。(20元) E 坐出租车。(タクシーに乗ります) F 好的,谢谢。(わかりました。ありがとう)

(正解:C)

【第4部分の問題例】

空欄に適切な単語を、選択肢の中から選びます。

Tā shàngwǔ zài xuéxiào(  ) .
她 上午 在 学校 (  ) 。(彼女は午前中学校で(  )。)

A 家(jiā)(家) B 火车站(huǒchēzhàn)(駅) C 对不起(duìbuqǐ)(すみません) D 名字(míngzi)(名前) E 看见(kànjiàn)(見える) F 学习(xuéxí)(学習する)

(正解:F)

5 「使える中国語」をマスターする勉強法

過去問題集を使った勉強は、「試験の2~3週間前から行えばいい」と書きました。では、それまでは、中国語学習の総合力を鍛えていく作業をします。

中国語の学習は、3ステップに分けて進めます。

ステップ1 発音の基礎をつくる
  →「発音」教材
ステップ2 「読む・聞く・話す・書く」の総合力を鍛えていく
  →「総合」教材・「短文」教材・「単語」教材
ステップ3 検定試験を受ける
  →「検定試験の過去問集・模擬試験」

「発音」の基礎土台をしっかり作り(ステップ1)、「読む・聞く・話す・書く」の総合力を鍛え(ステップ2)、HSKや中国語検定などの検定試験で今の自分の中国語力をチェック(ステップ3)します。ステップ2の学習を続け、時々ステップ3を挟みながら中国語力をアップさせていきます。(それぞれのステップで使うおすすめの教材を6章で紹介しています。)

5-1 「発音トレーニング」で強固な基礎力を付ける

中国語は、日本語にはない中国語独特の「発音」「声調」「四声」がとても重要です。これが正しく出来ないと、話しても伝わりませんし、聞き取れません。

中国語学習初歩の段階で、毎日繰り返し発音練習をして正しい発音を身に付けることが、使える中国語をマスターするための最重要ポイントです。

語学はよく運動に例えられます。例えば、野球のバッティングが上手くなりたくて、練習試合だけ毎日やっても上手くなりません。走り込んで足腰を鍛え、毎日素振りをして強固な基礎を築いてこそ、実戦で使える力が身につくのと同じです。

発音のコツ、練習についてはこちらの記事をご覧ください。
中国語の声調のコツについては、
【音声・動画付】これで解決!四声(声調)の発音と入力
中国語の発音のコツについては、
中国語発音(ピンイン)トレーニング|初心者が2ヶ月でマスター』を、
ひたすらピンインを練習するトレーニングは、
【音声付】中国語ピンイン完全マスター!実践トレーニング

5-2 「読む・聞く・話す・書く」の総合力を磨くトレーニング

<ステップ2>の、中国語の総合力を磨くトレーニング方法とは、「シャドーイング」という勉強法です。テキストの音源を聞きながら、それに続いて影のように復唱していきます。これは中国語に限らず英語や韓国語など、どんな言語の学習にも使える語学の勉強法です。

シャドーイングの詳しいやり方は
シャドーイングで語学をマスターする方法』を
総合力を磨くトレーニングについては、
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法』を参照、ぜひ実践してください。

6 おすすめ教材

HSKの試験に合格するには、中国語の総合力を磨くことが必要です。「発音教材」「総合教材」「短文教材」「単語教材」それぞれ1冊をやり込みましょう。複数をなんとなくやるより、その3冊をしつこく繰り返し復習することが知識の定着につながります。

6-1 過去問題集

◆『中国語検定HSK公式過去問集1級[2015年度版]』(スプリックス)
過去5年分の過去問題を収録。問題集には和訳と日本語の解説が付いているので、自分が出来なかった問題についての理解を深めやすい構成になっています。
過去問を最大限に使う試験対策法については、こちらの記事
HSKの過去問題集を120%活用する試験対策法
を参照のうえ、ぜひ実践してください。

6-2 発音教材

人間は臨界期と呼ばれる7歳までであれば、母語以外の言語でもスムーズに習得できることがわかっています。つまり、それ以降の年齢、大人になって外国語を学ぶ場合、子どもの時のように、「耳」を頼って習得することは困難です。「聞くだけでペラペラ」はあり得ないのです。大人がより効果的に学習するなら、言葉やイメージを使って「頭」で理解していくことです。そうすれば、子どもよりも早いスピードで発音をマスターすることが可能です。

◆『改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター』(アスク出版)
「発音」の学習に特化した教材です。この教材のよいところは、
1. 発音の仕方について、イメージしやすい解説がある
2. 舌の位置や口の形を示す図や写真がある
3. CDがついている ことです。
詳細な解説が特徴で、口の型と舌の位置が丁寧に書かれており、大人が中国語の発音を「頭」で理解するのに役立ちます。

6-3 総合教材

この段階で使う総合教材は、各2冊を1つとして取り組んでください。

(A)
◆『新ゼロからスタート中国語 文法編 』『ゼロからスタート中国語 文法応用編』(Jリサーチ出版)
(B)
◆『新訳第3版 中国語会話301(上)』『新訳第3版 中国語会話301(下)』(語文研究所)
中国の大学をはじめ、多くの中国語教育機関で使用されている教材のひとつです。基本構文/会話文/文法/新出単語/練習問題の5つで構成されており、301の中国語のフレーズを覚えることで、会話力を身につけます。なおCDは1枚だけ付属しており、6課以降の内容は別売りです。また発音の説明がわかりやすいDVD版もあります。

6-4 短文教材

◆『口を鍛える中国語作文: -語順習得メソッド-初級編 (CDブック) 』(国際語学社)
語順体系に対する理解を重視した本書。疑問詞、助動詞などといった同じ種類で、似た意味・形・用法の単語が1つのページにまとめられています。ひとつの項目に対して1つの短文を覚えていく方法で、暗記していきます。特に、<作文>セクションで使える内容です。また、基本の短文を暗記することで、スピーキング力の向上にも役立ちます。暗記すると同時に、音源を活用してシャドーイング練習もしましょう。

6-5 単語教材

◆『品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 CD付 』(白帝社)

HSK1級から4級までの単語を級別に収録。1つの単語につき、基本的に1つの意味・例文が掲載されています。辞書にあるような複数の意味をぼんやり覚えるのではなく、1つだけに絞って完璧に覚えます。

語彙の学習は、試験対策として極めて重要です。HSK1級レベルの単語は、中国語会話においても必須です。以下の4つがすべてできるようにしましょう。

  1. 中国語を見て正しく発音できる。(ピンインが書ける)
  2. 中国語を見て、日本語の意味が言える。
  3. 日本語を見て、中国語が書ける。
  4. 日本語を見て、中国語が正しく言える。
中国語教材の使い方と、ジャンル別・レベル別のおすすめ教材については、こちらの記事
中国語教材のおすすめ厳選23と効率的に使う方法
を参照のうえ、ぜひ活用してください。

6-6 スマートフォン用アプリ

辞書は、電子辞書よりもスマートフォンアプリをおすすめします。ピンインでの検索はもちろん、ピンインがわからないときは手書きで単語を検索できます。何よりいつも持ち歩いているスマホですから、「中国語で何て言うんだろう…?」と思いついたときに調べられるのでおすすめです。

◆『中日日中辞典』(小学館)
日中中日辞典
老舗の辞典、小学館の「中日辞典」「日中辞典」のアプリ版。iOSにのみ対応。単語の意味、ピンインはもちろん、用例を調べるのに便利です。また紙の辞書とは違い、単語の発音を聞けるところや、用例を検索出来るところが秀逸。少々値は張りますが、紙の辞書や電子辞書を買うことを思えば安いものです。
◆『小学館 中日・日中辞典|ビッグローブ辞書』(BIGLOBE Inc.)
9_ビッグローブ版辞書
上記のアプリのビッグローブ版。こちらはiOS、android端末に対応しています。

まとめ

HSK1級合格はもうすぐそこです! 発音練習をしっかり繰り返し、中国語学習に取り組んでHSK1級満点合格を手にしましょう!

中国語の効率的な学習方法については、
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法』をご覧ください。

無料|中国語を半年でマスターした私の人生を変えた中国語の学習方法をお教えします!

より早く、より簡単に中国語をマスターしたいと思いませんか?
間違えた勉強法をしていると、上達はなかなか見込めません。


そこで、半年で中国語をマスターした私が、他の方でもマスターできるようにノウハウをまとめました。


【ダウンロードできるもの】
☆中国語習得・HSK合格・発音習得のポイント音声レクチャー
☆中国語声調特訓用音声
☆中国語声調特訓用テキスト
☆中国語ピンイン表


・中国語をマスターしたいが、具体的にどうすればいいのかわからない
・できるだけ効率的な学習方法を知りたい
・今度こそ挫折せず続けて勉強みたい
・資格として生かすために上位級の検定に合格したい


そんな方は、ぜひこのノウハウを活用されてください。
きっと上達が早まります。



無料で自宅体験を試して見る

\ SNSでもご購読できます /

関連記事

コメントを残す

*