【通訳案内士】目指すなら中国語の通訳案内士がオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ1,185がこの記事を参考にしています!

語学力を最大限に生かせるお仕事、通訳案内士。東京オリンピック・パラリンピックの開催などで訪日外国人の数が急増し、人気が高まっている語学系で唯一の国家資格です。

この記事では、今注目のお仕事「通訳案内士」の全体像をご紹介します。英語、フランス語、スペイン語など10カ国語が認定されていますが、中国ゼミおすすめは、もちろん希少価値の高い「中国語の通訳案内士」。実際、資格を持つ多くの通訳案内士が「英語専門」で、急増する中国からの観光客に対応できる「中国語の通訳案内士」の数が足りていません。

中国語専門の通訳案内士を目指すなら、基礎から学習を積み重ねることが大切!中国ゼミでは中国語を最短でマスターできる動画を、期間・人数限定でプレゼントしています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

1. 全国通訳案内士の超基本を知る!

通訳案内士とは、主に海外からの訪日旅行者が日本で観光する際に、それぞれの国の言葉で日本の文化や伝統を伝えるお仕事。ビジネスの視察や研修、国際会議、世界規模のイベントなどでの活躍も期待されます。高度な外国語能力だけでなく、日本全国の歴史・地理・文化等の観光に関する豊富な知識を持っていることが必要条件となります。

※通訳案内士は、2018年に通訳案内士法による制度改正の施行によって、現在は「全国通訳案内士」という名称に変更されています。

1-1. 国家試験を経て得られる国家資格


全国通訳案内士は、毎年1回実施される「全国通訳案内士試験」の国家試験に合格することで、資格を得ることができます。

国家試験は、国土交通省の観光庁が主催、日本政府観光局である独立行政法人国際観光振興機構(JNTO)が試験を代行しています。

試験内容は、外国語、日本地理、日本歴史、産業・経済・文化に関する一般常識の筆記試験と、二次試験の口述問題に合格することが必須。合格すると、都道府県に全国通訳案内士としての登録を行い、「通訳案内士登録証」が発行されて業務を開始できます。

全国通訳案内士の国家試験は年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能なため、日本人だけでなく外国人も受験できるという特徴があります。

1-2. 報酬をもらって観光案内ができる

全国通訳案内士の国家試験に合格すると、報酬をもらって外国人観光客への通訳をはじめ、各地での観光案内を行うことができます。

しかし、どこに所属して働くか、フリーランスで働くかによって、報酬に差があるのが現状です。また、独特な日本の歴史や文化を外国人観光客へわかりやすく説明する必要があるため、日本の歴史や文化に精通していることも求められます。合格者は、旅行会社などに就職する人もいれば、フリーランスで働く人もいるなど、働き方もさまざまです。

中国ゼミのこちらの記事では、通訳案内士の年収や年収をあげるための方法を伝授!
通訳案内士の気になる年収は?稼ぐための方法を紹介!

1-3. 認定される外国語は10カ国語

全国通訳案内士は、英語をはじめ、以下10種類の外国語を対象としています。

  • 英語
  • フランス語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • 中国語
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • 韓国語
  • タイ語

また、一次試験の筆記試験は、国内では、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄で行われる他、ソウルや台北などの海外でも行われます。

二次試験の口述試験は、英語、中国語、韓国語は東京、大阪、福岡で行われますが、それ以外の外国語は、全て東京で行われます。

1-4. 中国語の全国通訳案内士

近年では中国のビザの緩和に伴い、日本に観光や買い物、歴史や文化を体験しに来る中国人が増加しています。最近は、日本の最先端の医療を求めて来日する中国人の姿も見られます。現在、日本を訪れる外国人観光客の中で、韓国人を抜いて中国人の数がナンバーワンです。

しかし、このように増加する中国人観光客に対して、どの地域でも中国語の全国通訳案内士が不足しているのが現状。殺到する中国人客に対応しきれない状況、コミュニケーションが円滑に進められないシーンが多く、中国語の全国通訳案内士の充足が急務となっています。

1-5. オリンピックの開催で高まる需要

東京オリンピックの開催、ビザの緩和など日本政府の後押しもあり、訪日旅行客の数は急速に増加しています。政府の当初の目標であった「2020年に2000万人」をゆうに超え、2017年2869万人を記録しました。この急増する外国人観光客に対応するため、全国通訳案内士の需要が高まっています。

1-6. 中国語の全国通訳案内士が足りない!

現在、英語圏から来る外国人観光客が少ない状況の中、「英語の通訳案内士」は増加傾向にあります。一方で中国人観光客が一番多いのにも関わらず、中国語専門の通訳案内士の数は足りていません。日本人で中国語堪能なガイドが少ないのが現状なのです。

中国語の全国通訳案内士の受験者数の推移は以下の通りです。

中国語の全国通訳案内士の受験者数の推移
平成25年度 917人
平成26年度 906人
平成27年度 1,200人
平成28年度 1,476人

年々、中国語の全国通訳案内士の受験者数は、微増傾向にあります。全国通訳案内士全体でみると、英語の全国通訳案内士が約70%を占めているのに対し、中国語の全国通訳案内士は約10%。英語の全国通訳案内士の受験者数と比較すると、圧倒的な差があるのです。高まる需要に対して、中国語の全国通訳案内士の数が少ないのが現状です。

このように、全国通訳案内士、ガイド、インバウンド全体の需要と供給のバランスが悪いのが現実。中国語の全国通訳案内士を目指すには、絶好の機会といえますね!

それでも、なかなか中国語を学ぶ機会がないと感じる方もいると思います。気軽に学べる中国語のオンライン講座も登場しているので、興味がある人は気軽にチャレンジしてみてください。

中国語の通訳案内士に興味があるあなたにオススメ!こちらの記事もご覧ください。

 

2. 全国通訳案内士試験の難易度

全国通訳案内士は、国家試験なので、かなり難易度が高いと予想している人も多いのではないでしょうか。平成29年度の試験結果では、合格率は15.6%でした。

2-1. 難易度は高い

全国通訳案内士の国家試験は、年々受験者数が増加傾向にあります。

平成20年は、全体の受験者数は8,972人で、最終合格者数は1,559人。
(参考:日本政府観光局JNTO 平成20年度 全国通訳案内士試験 受験者及び合格者数

しかし平成29年度の受験者数は、全体で10,564人。最終合格者は1,649人でした。
(参考:日本政府観光局JNTO 平成29年度 全国通訳案内士試験 受験者及び合格者数

2-2. 近年の合格率

全国通訳案内士の国家試験の合格率は、どのくらいなのでしょうか。
平成29年度の全体の合格率は15.6%、平成28年度で21.3%、平成27年度で19.3%となっており、難易度が高いことがわかります。

特に、中国語の合格率は、平成29年度で10.6%と全体よりも合格率の低さがわかります。中国語の全国通訳案内士の合格率の推移は、以下の通りです。

中国語の全国通訳案内士の合格率の推移
平成25年度 14.9%
平成26年度 8.9%
平成27年度 7.2%
平成28年度 9.5%

このように、全体の合格率と比較しても、中国語の全国通訳案内士の合格率は、年々受験者数が微増しているにも関わらず、難関であることがわかります。

通訳案内士の合格率と筆記試験の免除に関する情報はこちらの記事をご参考にしてください。
【中国語の全国通訳案内士】合格率は? 筆記試験の免除とは?

 

3. 全国通訳案内士試験の合格へのポイント

難易度の高い全国通訳案内士の国家試験に合格するには、どのように勉強すればよいのでしょうか。

全国通訳案内士の国家試験では、平成29年の場合一次試験の筆記試験で約80%、平成28年・27年・26年は、約70%が不合格となっており、筆記試験の重要さがわかります。

語学に関する筆記試験だけでなく、日本史や地理に関する筆記試験もあるので、それらの知識も豊富でないと合格は難しくなります。

しかし、指定された試験に合格していたり、一定以上の点数を取得している場合は、一部の科目が免除される制度があります。まずは免除試験の内容をチェックしてみましょう!

3-1. 外国語の試験免除 中国語はHSK6級180点以上

全国通訳案内士の国家試験では、指定された試験に合格していたり、一定以上の点数を取得している場合は、一部の科目が免除される制度があります。

この免除制度を利用することによって、苦手な科目に集中して勉強することができ、難関である一次試験を突破しやすくなるといえるでしょう。

中国語の全国訳案内士を目指す方は、中国語検定試験やHSKの受験経験がある人が多いのではないでしょうか。HSK 6級試験にて180点以上を獲得すると免除の条件に当てはまります。レベルは非常に高いですが、HSK 6級をすでに取得している方はもちろん、現在勉強中という方には並行して取得を目指すことをお勧めします。

HSK6級の合格レベル「180点以上獲得」を目指すあなたにオススメ!
プロが教える!HSK6級に合格するための対策法

 

3-2. 過去問を使って勉強する

通訳ガイド 中国語過去問解説〈平成26年度公表問題収録〉
 全国通訳案内士の国家試験の合格を目指すには、過去問題を徹底的に網羅する勉強法も有効です。過去問題を繰り返し解くことによって、問題構成を理解でき、問題数と時間配分などの調整力を身につけることができるでしょう。

3-3. 二次試験対策も同時に行う

全国通訳案内士は、一次試験の筆記試験に合格後、二次試験である口述試験が行われます。

しかし一次試験の合格発表から二次試験までの期間が、わずか1カ月ほどしかありません。一次試験に合格してから対策を始めるのでは遅れをとってしまいます。オンライン講座などを利用して、二次試験対策を早めに始めておくことが重要です。

 

4. 今すぐチェック!全国通訳案内士の法改正

全国通訳案内士は、免許を申請して取得する制度から、資格保有者の登録制度に変更するなど、これまでにさまざまな法改正が行われてきました。2017年には、急増する外国人観光客への対策として、日本政府は、全国通訳案内士の新たな法改正を行っています。

4-1. 施行は平成30年1月4日から

日本政府は、平成29年に通訳案内士法の法改正を行いました。全国通訳案内士の資格を保有していなくても有償ガイドを行えること、「地域通訳案内士」というガイドができる地域を限定する制度が増設されました。

この法改正に伴い、実質規制緩和された通訳案内士法が平成30年1月4日に施行されました。

4-2. 名称が全国通訳案内士に変更

これまでは、「通訳案内士」という名称でしたが、法改正によって「全国通訳案内士」に変更されています。通訳案内士として資格を保有している人も、全国通訳案内士とみなされることとなります。

4-3. 無資格者もガイドが行えるように

これまでの通訳案内士は、通訳案内士の国家試験に合格し、登録された人しか通訳案内士の業務を行い報酬を得ることができませんでした。しかし、法改正によって業務独占規制が廃止され、全国通訳案内士の資格を保有していなくても有償ガイドを行えるようになりました。

ただし、有償で通訳案内業務を行うことが可能になった反面で、全国通訳案内士や地域通訳案内士、これに類似する名称を使用することがでないので注意が必要です。

4-4. 信頼面や収入面は資格者の方が有利

全国通訳案内士の資格を保有していなくても、外国人観光客に対して業務行えるようになったとはいっても、実際のところ、全国通訳案内士の資格を保有している人の方が信頼面で有利であるといえるでしょう。もちろん収入面に関しても、資格を保有している人の方が有利な状況です。

 

5. 全国通訳案内士試験の概要を知る!

全国通訳案内士は、高度な外国語の能力だけでなく、日本全国の観光に関する質の高い知識が求められています。全国通訳案内士の国家試験は、他のほとんどの国家試験と同様に、年に1回のみです。

5-1. 試験日程と申し込み

全国通訳案内士の国家試験は、毎年1回行われています。(平成30年度の場合、一次試験の筆記試験が8月、二次試験の口述試験が12月に行われます)

全国通訳案内士の国家試験に関わる費用は、1ヶ国語につき11,700円となっています。申し込みは願書を郵送するかインターネットで電子申請を行うこともできます。

願書を郵送する場合は、以下のいずれかで願書を受け取り、「全国通訳案内士試験 願書受付センター」あてに郵送します。

  • 日本出版販売株式会社内の全国通訳案内士事務局
  • 日本政府観光局全国通訳案内士係
  • JNTOツーリストインフォメーションセンター
  • 各都道府県全国通訳案内士試験担当部署
  • 一般社団法人日本観光通訳協会

(協)全国通訳案内士連盟電子申請の場合は日本政府観光局にアクセスし、入力画面の指示に従ってください。

また、他のほとんどの国家試験と違い、年齢や学歴などによる受験制限がないという特徴があるので、やる気があれば誰でもいつでも目指すことができる国家資格の一つだといえるでしょう。

5-2. 一次試験は記述とマークシート方式による筆記試験


全国通訳案内士の一次試験は、受験する外国語に加え、日本語による「日本地理」、「日本歴史」、「産業、経済、政治及び文化に関する一般常識」の筆記試験が行われます。

外国語の出題方式は、英語はマークシート方式のみですが韓国語と中国語は記述式及びマークシート方式です。その他の言語は記述式のみで行われます。なお、試験時間は120分、100点満点で70点以上が合格基準となっています。

また、日本語による「日本地理」、「日本歴史」、「産業、経済、政治及び文化に関する一般常識」の試験がマークシート方式で行われます。なお、日本地理と日本歴史の試験時間は40分、100点満点で70点以上が合格基準。産業、経済、政治及び文化に関する一般常識の試験時間は20分、50点満点で30点以上が合格基準となっています。

さらに、平成30年度から「通訳案内の実務」という科目が新設されました。学習範囲が広がるので注意が必要です。

5-3. 二次試験は8分程度の口述試験

全国通訳案内士の二次試験は、口述試験が行われます。口述試験は、一次試験で受験した外国語を使った面接試験で、通訳としての語学力はもちろん、日本の歴史や文化に関する知識も問われます。

面接試験の時間は8分程度で、全国通訳案内士として適正であるかどうかの人物考査も併せて行われます。

5-4. 筆記試験が免除される場合

全国通訳案内士の一次試験では、以下のような指定された試験に合格していたり、一定以上の点数を取得している場合は、一部の科目が免除される制度があります。

前年度に受験し、一次試験を合格している場合は、一次の筆記試験が免除されます。また、一部科目に合格している場合も、その科目の筆記試験は免除の対象です。平成30年度より、新たに設けられた外国語などの免除制度があるのでチェックしてみてください。

5-4-1. 英語

  • 実用英語技能検定1級
  • TOEICスコア900以上(リスニング&リーディングテスト)
    TOEICの得点を取得した年度とその翌年度に行われる試験で、願書出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象です。
    (平成30年度より、TOEICスコア840以上から900以上に引き上げされました)
  • TOEICスピーキングスコア160以上
    TOEICスピーキングの得点を取得した年度とその翌年度に行われる試験で、願書出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象です。
    (平成30年度より、TOEICスピーキングスコア150以上から160以上に引き上げされました)
  • TOEICライティングスコア170以上
    TOEICライティングの得点を取得した年度とその翌年度に行われる試験で、願書出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象です。
    (平成30年度より、TOEICライティングスコア160以上から170以上に引き上げされました)

5-4-2. フランス語

  • 実用フランス語技能検定試験1級

5-4-3. ドイツ語

  • ドイツ語技能検定試験1級

5-4-4. 中国語

  • 中国語検定試験1級
  • HSK6級180点以上(旧 HSK高等試験9級以上)

5-4-5. 韓国語

  • 「ハングル」能力検定試験1級
  • TOPIK(韓国語能力試験)6級

5-4-6. イタリア語

  • 実用イタリア語検定試験1級
    平成30年度より、イタリア語の受験における免除制度に加えられました。

5-4-7. スペイン語

  • スペイン語技能検定試験1級
  • DELE C1
  • DELE C2
  • DELE Superior
    平成30年度より、スペイン語の受験における免除制度に加えられました。

5-4-8. 日本地理

  • 総合または国内旅行業務取扱管理者
  • 地理能力検定日本地理2級以上
  • 一般・国内旅行業務取扱主任者

5-4-9. 日本歴史

  • 歴史能力検定日本史2級以上
  • 大学入試センター試験「日本史B」60点以上
    大学入試センター試験において、日本史Bの得点を取得した年度と、5年以内に行われる試験が対象です。

5-4-10. 一般常識

  • 大学入試センター試験「現代社会」80点以上
    大学入試センター試験において、現代社会の得点を取得した年度と、5年以内に行われる試験が対象です。

5-4-11. 当該外国語

  • 地域限定通訳案内士試験合格者

5-4-12. 通訳案内の実務

  • 観光庁の研修が修了していること
    平成30年度より、新設された通訳案内の実務の受験における免除制度として新たに創設されました。平成29年度以前にいずれかの言語で通訳案内士として合格している人で、全国通訳案内士として登録されている人が対象で、新たに他の語学にて受験する場合に限ります。全国通訳案内士として業務を行うには、この科目に合格することが条件となっています。
    試験の免除を受けるには、観光庁が主催する研修を受講し、研修修了証明書の写しを提出する必要があります。

 

まとめ. プロのガイドを目指すなら全国通訳案内士資格

全国通訳案内士は、外国人観光客の増加や東京オリンピック開催に伴い、今後も需要の高い国家試験の一つだといえるでしょう。

特に中国人観光客が一番多い現状で、中国語専門の全国通訳案内士は不足しています。これから、ますます中国語のプロフェッショナル、全国通訳案内士の増加が期待されるでしょう。そんなニーズの高い職業を目指すために、まずはプロの全国通訳案内士として通用する「正しい発音」を身につけることが大切です。中国人がうなるような発音をマスターしておくと、自信がつくだけでなく後の学習がグッと楽になりますよ!

中国語のプロフェッショナルを目指すあなたへ。こちらのコンテンツを利用するなどして、中国語の発音をマスターしてみましょう。

中国ゼミでは、中国語を最短でマスターする動画を、期間・人数限定でプレゼントしています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
動画付|5000人指導のプロが教える最強の中国語勉強法

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ