【発音付】中国語の疑問詞はこれで完璧!よく使う9パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ410がこの記事を参考にしています!

英語で習った5W1H「疑問詞」を、中国語でも完璧に覚えたい!

「これは何?」「いつ来たの?」「いくらですか?」…などの疑問詞を自由に使いたい!

そんな積極的に中国語会話を楽しみたいあなたへ、今回の記事では疑問詞特集をお届けします。

中国人と知り合いになったら、名前や出身地を尋ねることからはじまりますよね。さらに好きな食べ物や趣味など、お互いに質問しあうと会話が膨らみ、相手との距離が縮まります。コミュニケーションの中で欠かせない疑問詞の基本を覚え、日常会話などにお役立てください。

中国語を最短で学びたい、マスターしたい方は、こちらの無料の中国語オンライン講座がおススメです。期間・人数限定でプレゼントしています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

1. 中国語の疑問詞とは

疑問詞とは、文中で特定の部分を質問するのに用いられる言葉のことです。つまり、はい/いいえでは答えることのできない、事物や事態への疑問を投げかける際に使う言葉。日本語の「いつ」・「どこ」・「だれ」・「なに」・「なぜ」などに当たります。ほかにも、「どのように」・「いくら」などを尋ねる際にも用います。

中国語の文章では、尋ねたい部分に該当する疑問詞を代入することで疑問文が成立します。

中国語の疑問文を紹介している下記の記事もおすすめ。
【中国語文法】中国語の疑問文は6パターンを覚える!

1-1. 疑問詞のある疑問文は語順を入替えない

中国語の疑問形はとてもわかりすく、簡単にマスターできるはず。英語の場合、疑問詞を冒頭に置くなど語順の入替えがあります。しかし、中国語の場合は語順を入替える必要がありません。文章の尋ねたい部分に疑問詞を入れる形でOK!

イメージしにくい場合、まずは普通の文章を作ってみて、尋ねたい部分に疑問詞を入れてみましょう。

1-2. 答えが欲しい部分の後ろに疑問詞を入れる

疑問詞を代入する場所は、主に「答えが欲しい部分の後ろ」になります。

主語+述語+目的語の語順を崩す必要はありません。
(例)あなたはどこへ行く? → 「行く」の後に「どこ=哪里(疑問詞)」を入れる

あなたはどこへ行く?
Nǐ qù nǎli
哪里?
ニー チュ ナー リー

(例)いくつある? → 「ある」の後に「いくつ」を入れる

いくつある?
Nǐ yǒu duōshao
多少
ニー ヨウ ドゥォ シャオ?

なお、疑問詞に名詞を付けることで、尋ねる内容をより明確にすることがあります。例えば、お金を表す「钱(qián)チィェン」を付けると「你有多少钱?(あなたはいくら持っていますか?)」となります。

この場合は名詞も含めて「疑問詞」と捉えることになりますので、語順に気を付けましょう。

1-3. 文末に疑問符を付ける

中国語では疑問文の文末には必ず「?」=クエスチョンマークをつけます。

日本語の場合使ったり使わなかったりすることがありますが、中国語の場合は必ず「?」を入れるという決まりごとがあるので気を付けましょう。

 

2. よく使われる中国語の疑問詞

中国語には、英語の5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)にあたる表現だけでなく、中国語ならではの表現もあります。その中でも、よく使われている疑問詞をご紹介します。

発音・例文ともによくチェックしてください。

2-1. 誰?を表す「谁 (shéi)」

「谁(shéi)シェイ」は「誰」・「どなた」など、人物について尋ねる際に用います。

英語の疑問詞でいえば「Who」にあたります。

彼は誰ですか?
Tā shì shéi
他是
ター シー シェイ
あなたは誰とご飯を食べに行ったのですか?
Nǐ gēn shéi qù chīfàn le
你跟去吃饭了?
ニー ゲン シェイ チュ チー ファン ラ

2-2. 何?を表す「什么 (shénme)」

「什么(shénme)シェン ムァ」は「何」を表す疑問詞。英語の「What」にあたります。しかし、汎用性はWhatよりも広く、名詞と組み合わせてさまざまな疑問詞の役割を担うことができます。

まずは、基本的な使い方を学び、名詞との組み合わせで応用力を高めていきましょう。

これは何ですか?
Zhè shì shénme
这是什么
ヂァ シー シェン ムァ
あなた達は何料理を食べますか?
Nǐmen chī shénme cài
你们吃什么菜?
ニー メン チー シェン ムァ ツァイ

2-3. どこ?など場所を表す「哪里 (nǎli)」

「哪里(nǎli)ナー リー」は「どこ」のように、知らない場所を尋ねる際に使用する疑問詞。英語でいえば「Where」にあたります。

「哪里」は発音に特徴があります。ピンインは「三声+軽声」の「nǎli」と表記されますが、実際の発音は「二声+軽声」の「náli」。元の声調が三声「哪 nǎ」三声「里 lǐ」の連続になるため、声調変化が起こり、実際に読む時は前の声調が二声「ná」に変化するのです。

このように、中国語には三声が連続する単語の場合、最初の三声を二声に変えるルールがあります。表記と実際の発音が変わるケースも知っておきましょう。

彼はどこに行きますか?
Tā qù nǎli
他去哪里?
ター チュ ナー リー
あなた達はどこでご飯を食べますか?
Nǐmen qù nǎli chīfàn
你们去哪里吃饭?
ニー メン チュ ナー リー チー ファン
北京などの東北地域ではアル化といって「儿(er)ァー」が良く使われています。「哪里(nǎli)ナー リー」も「哪儿(nǎ’er)ナァー」と表記されることが多く、北京で発行された本などには「哪儿」と書かれていることがよくあります。

「哪里(nǎli)ナー リー」と「哪儿(nǎ’er)ナァー」、両方覚えておくと便利です!旅行の際など、滞在する場所によって使い分けてみるのも楽しみの一つですね。

2-4. どれ? どの?を表す「哪个 (nǎge)」

「哪个(nǎge)ナーグァ」は、英語でいえば「Which」にあたる疑問詞。一定数のものや人の中から選択する内容を問う際に用いることが多いです。

ものの大小に関わらず使用できます。買い物、旅行の際などで使える言葉のひとつなので、ぜひ覚えておきましょう。

あなたはどれが欲しいですか?
Nǐ yào nǎ yīge
你要哪一个
ニー イャォ ナー イー グァ
あなた達はどのレストランに行きますか?
Nǐmen qù nǎge fànguǎn
你们去哪个饭馆?
ニー メン チュ ナー グァ ファン グァン

なお、「哪个(nǎge)ナーグァ」は「哪一个(nǎ yīge)ナーイーグァ」の省略形。

上記の例文のように数詞の「一( yī)イー」を含んで発音することもありますが、略すほうが一般的といわれています。

2-5. どのように?を表す「怎么(zěnme)」

「怎么(zěnme)ゼン ムァ」は後述する「怎么样(Zěnmeyàng)ゼン ムァ ヤン」と同じように「How」の役割を果たす疑問詞。

ただ、使い方が大きく異なるのは、「怎么」の後には、必ず具体的な動詞や形容詞などがつきます。単独で使用することはできません。

その点を踏まえ、詳しく例文を見てみましょう。

どうしたんですか?
Nǐ zěnme le
怎么了?
ニー ゼン ムァ ラ
あなた達はどうやってレストランまで行きますか?
Nǐmen zěnme qù fànguǎn
你们怎么去饭馆?
ニー メン ゼン ムァ チュ ファン グァン

2-6. いつ? 時を表す「什么时候 (shénme shíhou)」

「什么时候(shénme shíhou)シェン ムァ シー ホウ」は、前述した「什么(shénme)シェン ムァ」に名詞を組み合わせた疑問詞の代表格。

時間を尋ねる際に使用し、英語では「When」にあたります。ここで注目してほしいことは、”何?”という意味の「什么」に”時間”を表す「时候」を組み合わせて「いつ?=什么时候」と表現される点。時間に関する質問を強調している、中国語らしい表現と言えます。

あなたはいつ来たのですか?
Nǐ shénme shíhou lái de
什么时候来的?
ニー シェン ムァ シー ホウ ライ デァ
あなた達はいつレストランに行きますか?
Nǐmen shénme shíhòu qù fànguǎn
你们什么时候去饭馆?
ニー メン シェン ムァ シー ホウ チュ ファン グァン

ほかにも「什么」に名詞を組み合わせた疑問詞としては、名前を尋ねる際の「什么」+「名字」で「什么名字(shénme míngzi )シェン ムァ ミン ズ」、場所を尋ねる際の「什么」+「地方」で「什么地方(shénme dìfang)シェン ムァ ディ ファン」などがあります。

名前を尋ねる際の疑問詞 場所を尋ねる際の疑問詞
shénme míngzi
什么名字
シェン ムァ ミン ズ
shénme dìfang
什么地方
シェン ムァ ディ ファン

なお、場所を尋ねる場合は上記の「什么地方」よりも、2-3で紹介した「哪里(nǎli)ナー リー」の方が使われる頻度は高いです。

2-7. どうして?を表す「为什么 (wèishénme)」

「为什么(wèishénme)ウェイ シェン ムァ」は「なぜ」・「どうして」といった理由を問う疑問詞。英語の「Why」とニュアンスは近いでしょう。

2-5で紹介した「怎么」も、後ろにつく動詞などによっては「なぜ」の意味を含む表現になりますが、まずは「为什么」の使い方を押さえましょう。

あなたはどうして来ないのですか?
Nǐ wèishénme bù lái
为什么不来?
ニー ウェイ シェン ムァ ブー ライ
あなた達はなぜ遠くのレストランに行くのですか?
Nǐmen wèishénme qù hěn yuǎn de fànguǎn
你们为什么去很远的饭馆?
ニー メン ウェイ シェン ムァ チュ ヘン ユェン デァ ファン グァン

2-8. どんな? どのような?を表す「怎么样 (zěnmeyàng)」

「怎么样(zěnmeyàng)ゼン ムァ ヤン」は「どんな」・「どのような」といった方法や手段、状況や性質などを尋ねる際に使用します。

英語の「How」のような役割をもち、2-5で紹介した「怎么」との使い分けも必要です。「怎么样」には「どう」・「どうやって」だけではなく、「どのように見えるか」というニュアンスがあります。

例文から印象を掴み取りましょう。

これはいかがですか
Zhèige zěnmeyàng
这个怎么样
ヂァ グァ ゼン ムァ ヤン
あなた達が行ったレストランはどんな感じでしたか?(味や店の雰囲気を含む)
Nǐmen qù de fànguǎn zěnmeyàng
你们去的饭馆怎么样
ニー メン チュ デァ ファン グァン ゼン ムァ ヤン

なお、会話では「怎么样」を使用することが多いですが、「怎样(zěnyàng)ゼン ヤン」も同様の意味で使われます。

2-9. いくら? どれだけ?を表す「多少 (duōshao)」

「多少(duōshao)ドゥォ シャオ」は数を尋ねる際の疑問詞。「どれくらい」・「いくつ」のように、不特定な数字を尋ねる際に有効で、名詞と結びつく際も量詞を挟む必要がありません。

なお、質問する際、回答が1桁の数になることを予想して尋ねるときには、「几( jǐ)ジー」という疑問詞を用います。

まずは、汎用性の高い「多少」の使い方をマスターしましょう。

いくらですか?
Duōshǎo qián
多少钱?
ドゥォ シャオ チィェン
ここには何人いますか?
Zhèli yǒu duōshǎo rén
这里有多少人?
ヂァ リー ヨウ ドゥォ シャオ レン

前述したように、同じ意味で「几」を使うことがあります。

「多少」は数の大小は関係なく使えますが、「几」は答えが10未満の数字と考えられる際に用い、量詞を使う必要があります。

いくらですか?
Jǐ kuài qián
块钱?
ジー クァイ チィェン
あなたは何人子供がいますか?
Nǐ yǒu jǐ gè háizi
你有个孩子?
ニー ヨウ ジー グァ ハイ ズ

 

中国語の疑問詞は覚えやすい!

中国語の疑問詞のルールは覚えやすく、日常ですぐに使える表現がほとんどです!疑問詞を自由に使えるようになると会話の内容が一気に深くなり、ますます中国語が楽しくなりますよ。

まずは買い物などで「これは何ですか?」「いくらですか?」と、聞いてみてください。何度も口に出すことで、自然と疑問詞の位置や使い方のコツも理解できます。

もっと中国語を学びたい!もっと上達したい!方には無料中国語オンライン講座がおすすめ。気軽に始めてみてください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
動画付|5000人指導のプロが教える最強の中国語勉強法

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ