中国語の第3声をマスター!発音のコツと練習法を大公開|発音付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ425がこの記事を参考にしています!

中国語の声調の中でも、第3声を苦手とする日本人が多くいます。なぜなら、第3声は後ろに来る言葉によって声調を変化させる必要があったり、第2声との区別が難しかったりと、悩むところが他の声調よりも多くあるからです。

この記事では、「第3声の発音が上手く発音できない」悩みを抱えるあなたのために、第3声のポイントや練習法を分かりやすく解説していきます!

中国語の発音はとても重要! 中国語を基礎からしっかり学びたい方はこちらのオンライン講座がおすすめです。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

1.中国語の第3声とは

中国語には、声調と呼ばれる中国語の発音における音程の上げ下げがあり、パターンが4種類あるので、「四声」と呼ばれています。

中国語はこの四声を正しく発音できないと相手に意味が伝わらないため、正しく発音する必要があります。中でも、第3声は日本人には苦手な発音なのでしっかりマスターしましょう。

第3声の発音は、低い音から始まって低いところで終わるのが特徴です。

声調記号を見ると下がってからまた上がるように記載されています。しかし、最後は上げるというよりも、声を低く抑えて最後に力を抜くとき少し上がるように聞こえると思ってください。

日本語で言うとがっかりしたときの「あ~あ」のイメージが近いです。




マー

以前、私(中国在住、中国ゼミライターS.I.)は好物のスモモを買おうと思い、果物店で店員さんに「李子有吗?(スモモはありますか?)」と聞いたところ、最初に出てきた果物は梨でした。もう一度聞いてみたところ、次に出てきた果物は栗。。

私が声調を上手く発音出来なかったため、スモモの「李子(lǐzi リーズー):第3声」と、梨の「梨子(lízi リーズー):第2声」、栗の「栗子(lìzi リーズー:第4声)」を聞き間違えられてしまったのです。その後、店員さんにジェスチャー付きで声調をしっかり直していただきました。

皆さんも違いを確認してみてください。

スモモ(第3声)
lǐzi
李子
リーズー
梨(第2声)
lízi
梨子
リーズー
栗(第4声)
lìzi
栗子
リーズー

私のように声調を間違えると全く違う意味として伝わり、欲しいものが買えない…なんて事態になるかも。そのくらい、中国語の発音で「正しい声調」は大切です!

四声を動画で説明しているこちらもチェックしてみてください。
【音声・動画付】これで解決!四声(声調)の発音と入力
発音を参考にしながら練習できるこちらもおすすめ!
声調別発音付きピンイン表

 

2.第3声の組み合わせ

第3声のややこしいところのひとつは、組み合わせによって声調が変化する場合があるということです。

第3声と第1声〜第4声それぞれの組み合わせにおける単語の例と、第3声が複数続くときの声調の変化の仕方について見てみましょう。

2-1.第3声と第1声の組み合わせ

第1声との組み合わせでは、第3声は変調しません。第1声と第3声の高さの違いがはっきりするように発音しましょう。

とくに、第3声の後に第1声が来る場合は、第3声の語尾を低く抑えたまま、第1声を高くしっかり出すのがポイントです。

2-1-1.第1声+第3声の場合

冷たい水
bīng shuǐ
冰水
ビン シュイ
空港
jī chǎng
机场
ジー チャン

2-1-2.第3声+第1声の場合

携帯電話
shŏu jī
手机
ショウ ジー
コップ
shuǐ bēi
水杯
シュイ ベイ

2-2.第3声と第2声の組み合わせ

第2声が先、第3声が後の場合は、第3声は変調しません第2声をしっかり上げて第3声でしっかり下げましょう。

第3声の後に第2声が来る場合は、第3声を低く短めに抑え、つなげるように第2声に入るとよいでしょう。

2-2-1.第2声+第3声の場合

りんご
píng guŏ
苹果
ピン グゥォ
情景
qíng jǐng
情景
チン ジン

2-2-2.第3声+第2声の場合

いちご
cǎo méi
草莓
ツァォ メイ
アメリカ
Mĕi guó
美国
メイ グゥォ

2-3.第3声+第3声の組み合わせ

第3声が2つ続くときには、前の第3声を第2声に変化させます。表記は第3声のままですが、自分で第2声に変えて読みましょう。

こんにちは
nǐ hǎo
你好
ニー ハオ
水餃子
shuǐ jiǎo
水饺
シュイ ジァォ
雨傘
yŭ sǎn
雨伞
ユー サン

2-3-1. 第3声が3つ以上続くときは?

第3声が3つ以上続くときは、どこを変化させて読めばよいのでしょうか。

基本的には、最後の3声以外は2声に変化すると考えます。長く複雑になる場合は意味による音節の結びつきの強さから判断しましょう。

小さい港
xiǎo gǎng kŏu
小港口
シァォ ガン コウ
「港口」で港という1つの名詞です。意味的に、小+港口になるため「港」の部分が2声に変調します。声調は3声・2声・3声の順です。
演技者
biǎo yǎn zhĕ
表演者
ビィャォ イェン ヂェァ
「表現(表演)」する「者」という意味で、表演+者になるため、まずは「表」が第2声に。そして「演」も、後ろに来る「者」を受けて第2声に。結果、全体の声調は2声・2声・3声の順になります。

3声が3連続までの場合は、複雑に考えずに最後の3声以外は2声に変わると考え、2声・2声・3声とスムーズに発音してみましょう。

私は果物が買いたい
Wŏ xiǎng mǎi shuǐ guŏ
我想买水果。
ウォ シィァン マイ シュイ グゥォ
きちんと意味上のつながりで変調箇所を選ぶとすれば「我想买(私は買いたいと思う)+水果(りんごを)」となりますので、2声・2声・3声・2声・3声の順です。

このように、あまりにたくさん第3声が続くと、どれを変調させればよいか分からなくなってしまいます。厳密には、音節の意味上のつながりごとに変えた方が良いのですが、迷ってしまったときは、最後以外すべて第2声に変えてしまいましょう。もし、慣れてきたら意味のつながりを意識してみてください。

2-4.第3声+第4声の組み合わせ

<第3声の後に第4声が来る場合>

第3声を低く抑えたまま終わり、第4声を高いところからしっかり落としましょう

<第4声の後に第3声が来る場合>

第4声を受け止めるように第3声を低めに発音します

2-4-1.第3声+第4声の場合

メガネ
yǎn jìng
眼镜
イェン ジン
スプライト
xuĕ bì
雪碧
シュェ ビー

2-4-2.第4声+第3声の場合

日本
Rì bĕn
日本
リー ベン
分かち合う
gòng xiǎng
共享
ゴン シァン

2-5.第3声+軽声の組み合わせ

第3声と軽声の組み合わせでは、まず第3声を低く抑えて発音し、第3声の語尾は上げずに、軽声をわずかに上げて短く添えます。

椅子
yǐ zi
椅子
イーズー

jiĕ jie
姐姐
ジェ ジェ

 

3.第3声の発音を練習するコツ

第3声をどう発音するかの理論が分かったら、後は練習と実践あるのみです。第3声の発音を練習するコツについて見てみましょう。

3-1.第3声を単独で発音練習する

第3声を発音するポイントは、一番低い音程まで声を下げてから軽く上げることです。最後を軽く上げるといっても、発音記号のようにV字型に下がって上がる必要はありません。

喉に力を入れて低く下げ切り、最後にふっと力を抜いた時に自然に上がる程度だと思ってください。

3-2.第3声の連続による変調の発音練習

<第3声の後ろに第3声以外の声調が来る場合>

第3声を「半3声」にします。つまり、低い音程で第3声を発音したら、最後に軽く上げる段階に至らずに、そのまま次の声調に移行しましょう

<第3声が続く場合>

前の第3声を第2声に変調して発音します。第3声が2つの場合は前のものを第2声に、3つ以上続く場合には音節の意味のつながりによって、どこを変調させるのがよいか判断しましょう。(詳しくは「2-3.第3声+第3声の組み合わせ」を参考)

頭で理解するのも大切ですが、教材の録音を繰り返し聞いて自分でも繰り返し発音してみたり、中国語でたくさん交流して実践することが最重要です。

たとえば「我想买~(Wǒ xiǎng mǎi ウォ シィァン マイ)」「请给我〜(Qǐng gěi wǒ チン ゲイ ウォ)」などのフレーズは自然に変調させて話すことができるようになってきます。

3-3.発音を練習するおすすめの方法

第3声の練習ができたら、第3声を含む全体の練習を行いましょう。日本人が中国語の発音を練習する際におすすめの方法を紹介します。

3-3-1.声を大きくはっきりと

日本人が中国語を話そうとすると、声が小さく抑揚が少ない、はっきりしない感じになりがちです。練習の時はとくに、大げさかなと思えるくらい声を大きく、口の開け閉めや声調も必要以上にはっきりと行いましょう。

3-3-2.自分の苦手を知る

教材の録音と自分の発音を聞き比べるなどして、自分が苦手な音や声調を知りましょう。自分のレベルに合った中国語の文章を用意し、自分の苦手な発音・声調の部分に印をつけたうえで、何度も朗読します。聞いてくれるネイティブの友達がいればベストですが、自分の声を録音して自分で聞いてみるのもよいでしょう。

中国ゼミでは、シャドーイングをおすすめしています。シャドーイングとは、耳で聞いて聞こえた音を影のように真似して発話する方法です。シャドーイングをすることで、中国語のフレーズと意味を丸ごと覚えられ、聞く・話す・読むの力を同時に鍛えることができます。聞いた時に日本語に変換して理解するのではなく、中国語のまま理解できるようになるので、中国語への反応も早くなります。

それではシャドーイングの手順をご説明していきます。

ステップ1
音だけ聞いてリスニングする
この時点では音を聞くだけで大丈夫です。自分がどのくらい聞き取れるか確認しましょう。
ステップ2
内容・意味を理解する
本文を読み内容を理解します。分からないところは教材に意味や発音、記号を書き込み、自分専用の「楽譜」のようにしていきます。
ステップ3
ピンインを見ながらシャドーイングする
教材のピンインを見ながらシャドーイングしていきます。この作業を10回ほど繰り返して行います。
ステップ4
漢字を見ながらシャドーイングする
今度はピンインを見ずに、漢字だけを見てシャドーイングします。聞こえた通りにシャドーイングするのがポイントです。
ステップ5
何も見ずにシャドーイングする
最後に何も見ずに聞こえた通りにシャドーイングします。慣れてきたら感情を込めて抑揚をつけながら発声します。感情が伴うと忘れにくくなるのでおすすめです。
こちらのページでは、シャドーイングについて更に詳しく説明しています。
シャドーイングで語学をマスターする方法

3-3-3.ネイティブの発音を聞く

教材の録音を聞いたり、中国語の連続ドラマなどを視聴したりして、ネイティブの発音に触れる機会を増やしましょう。

また、ネイティブの友達ができたら、WeChatなどの文字メッセージのやり取りだけでなく、実際に会ってたくさん話をしてください。語学は実践あるのみです。

 

第3声の発音は発音しやすい様に変調される

中国語の学習者を戸惑わせることの多い第3声ですが、発音の特徴や組み合わせによる変化を押さえれば、それほどややこしいことはありません。問題の「変調」も、もともとは第3声の連続は発音しにくいことから、発音しやすいようにするために自然と生まれたものです。そのように考えれば、身につけやすいのではないでしょうか。

効率的に身に付けるなら、間違いを恐れず実際の会話でたくさん発音をしてみることです。積極的に会話をして、中国語でのコミュニケーションをぜひ楽しんでくださいね。

最短で中国語をマスターしたい方へ、こちらの動画が大変おすすめです。期間・人数限定で無料講座をプレゼント! いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
動画付|5000人指導のプロが教える最強の中国語勉強法

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ