中国語はビジネスで役に立つ! 最新情勢を交えて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ358がこの記事を参考にしています!

あなたは

  • 中国人とビジネスを考えている。
  • 中国の勢いがすごいから、中国語ができれば役に立ちそう
  • 中国語を勉強すると、ビジネスでどんな風に役に立つの?
  • 中国語はどんな仕事に活かせる?

そんな風に考えているかもしれません。

間違いなく中国語は、日本人が身につけると役に立つ言語です!

中国ゼミが、その理由を解説! あわせて、中国の最新ビジネス動向についてもお伝えしますので、ぜひ今後の参考にしてください。

なお、中国ゼミでは、中国語を活かしたビジネスチャンスを目標とするあなたへ、中国語を最短でマスターする動画を、期間・人数限定でプレゼントしています。 いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

1. ビジネススキルとして語学は役立つのか

ビジネススキルとしての語学は、コンピュータースキルやマネジメントスキルなどの他のスキルとは趣が違います。他のスキルはビジネスに直接役に立ちますが、語学のスキルはビジネスを補助するスキルです。ビジネススキルとしての語学に、焦点をあててご説明していきます。

中国語 役に立つ

1-1. ビジネスに役立つスキルとは

<ビジネスの現場での中国語力>

ビジネスのために、外国語を学ぶことは以前からありました。

以前はTOEIC高得点保持者が優遇される制度のある企業もあり、英語を話せる人が重宝され、TOEIC800点以上の高得点取得を目指して英語を勉強する人が多くいました。

しかしながら現在では、中国へ進出する会社や、中国の会社と取引をする会社が増えてきたため、中国語を話せる人が重宝されるようになっています。中国語を話せることは、大きな武器になります。

中国は、今や日本を抜き、世界第2位のGDPを持つ経済大国です。今後はますます中国との取引を行う日本企業は増えていくでしょう。中国語ができる社員をもつことは会社にとって大きな魅力です。中国語をマスターすることによって中国語を活かしたキャリアを築けるチャンスにもなり、企業にとても優遇された人材として活躍できるでしょう。

<語学力以上に必要なのは人間としての魅力>

例えば、英語ができる人は、英語の発音や流暢さでネイティブから賞賛を受けるというよりも、ボキャブラリーの豊富さなど、話の内容で賞賛を受けることが多いです。ビジネスにおける語学力も、似たような面があります。

語学スキルはあくまでもコミュニケーションツールです。ビジネスマンとして評価されるのはビジネス力で、語学力だけではありません。また、ビジネス力と同じように評価されるのが、人間としての魅力です。語学が流暢に操れても自分の母国について深く知らない人は、教養のない人だと思われて尊敬されることはないでしょう。

<海外で日本人が求められること>

海外の会社は特別な事情がない限り、まずは自国民の採用を優先します。中国でも同じです。しかし、日本語ができる中国人を採用するのではなく、中国語ができる日本語がネイティブの日本人を採用することが多数あります。但し条件付きです。日本人としての良さがあることが条件になるでしょう。

日本人の良さとは、品質へのこだわりや仕事への丁寧さ・真面目さです。また、当然のことながら、日本の文化や時事問題についても精通していることが条件です。これがなければ現地で日本人を採用する意味がなく、現地の会社からも尊敬されません。外国人が抱く日本人の良さを、忘れないようにしましょう。中国語を学習するは勿論重要ですが、ビジネスに活かしたいのであれば、日本のことや、海外から利点として思われている日本人独特の良い部分を意識して日常生活を送ることがとても大切です。

1-2. 語学スキル向上のメリット

語学力そのものが仕事として活かされる職業として、通訳業や翻訳業などがすぐに思い浮かべられると思います。しかし、「中国語ができる」ということは、通訳業や翻訳業のみならず多様な業種において、語学力を活かすことができます。

語学ができれば、国内外の人を相手にしたビジネスの幅が広がるのは確かです。中国語ができる社員がいることでビジネスの幅を広げられますし、それによって海外でも取引できるようになり、会社としての利益が増える可能性があります。

このように中国語ができる人は、中国とのビジネスをしている会社で重宝されるのです。これから中国とのビジネスを始めたい会社も、中国語ができる社員がいたら心強いでしょう。

中国語の実力を資格試験で証明できれば、チャレンジできるビジネスの幅が広がります。中国語検定を活かせる職業・業種などについてこちらで解説しています。
中国語検定は就職に有利?計画的に資格を取得しビジネスに活かそう

 

2. 中国語が話せる日本人はまだまだ少ない

中国語 役に立つ

中国語がビジネスで役に立つ理由は、中国語を習得している日本人が少ないことも関係しています。

「華僑」と呼ばれる、海外に移住した中国人が世界中にいます。彼らを含め、中国語話者は世界で16億人いると言われているので、単純に考えても中国語を話すことができれば世界の1/5の人たちとコミュニケーションが取れるということになります。それでも日本での中国語の学習者は非常に少ないです。

英語を話せる日本人が少なかった時代は、英語が話せる学生は引く手数多でした。しかし今は帰国子女の多さもあり、英語を話せる日本人が増えてきました。その結果、需要と供給のバランスが崩れて、英語力は絶対的な武器ではなくなりました。

英語が話せる人と比較して、中国語を話せる人はまだまだ少ないです。それにも関わらず中国とのビジネスの機会は、圧倒的に増加しています。中国は世界第2位の経済大国になりました。中国語スキルがある人材にすさまじく需要があるにも関わらず、供給が全く追い付いていない状況です。そのため、中国語が話せる人は、会社によっては極めて価値が高い存在です。

世界中にいる華僑をはじめ、中国人の価値観や文化、歴史を知ることがコミュニケーションの第一歩です。
中国人と楽しく付き合うキーポイント!  特徴、性格、マナー、結婚、恋愛、仕事、食生活、歴史…

 

3. 中国語スキルが役に立つ業界とは

それでは、中国語が役立つ業界にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

3-1. 通訳・翻訳等文系ビジネス

中国とのビジネスが活発化するにつれ、中国語ができる通訳者や翻訳者の活躍場所が広がっていきました。ビジネスする上で、会話の聞き間違いや文書の誤った解釈は大きな損失を生じることもあるので、決して許されません。

そのため企業は専門の人に、依頼するようになりました。これからも中国とのビジネスは、拡大すると予想されます。中国語の通訳者や、翻訳者の需要はますます拡大するでしょう。

通訳者のお仕事の内容、現実、必要なスキルをお伝えしています。
中国語通訳の実態とは?〜通訳として活躍する方法、必要なスキルのすべて〜

3-2. IT・情報系ビジネス

情報・通信産業であるIT関係の会社でも、中国とのつながりがあります。格安パソコンの多くが中国で製造されていることは有名な話ですが、日本の会社が製造を中国に依頼するケースは非常に多くあります。

日本の製造業の技術の高さは、世界でよく知られていますが、中国でも多くの製造業が日本人の技術者を求めています。実際に定年を過ぎてから技術指導のために中国でマネージャーとして働きはじめる日本人も多くいるのが現状です。現地人員を指導するためには高度の技術のみならず、中国語力が重要なので、中国語の習得はとても役立ちます。

3-3. サービス業系ビジネス

日本のサービス業の質の高さは中国でとても有名で、多くの中国人経営者が日本人の接客スキルに深く関心があります。そのスキルを学びに来日されることもありますが、日本語が流暢でない経営者が多く、中国語でコミュニケーションができる人材が求められています。

また、中国では日本食も人気です。寿司チェーンのがってん寿司や、行列ができるラーメン店で有名な一蘭、サイゼリヤやCoCo壱番屋(ココイチ)など、日本の飲食産業が中国や台湾で出店しています。

日本語のできる中国人スタッフが通訳してくれる環境ある場合でも、日本人が通訳を介さずに現地スタッフとコミュニケーションが取れれば、もっと円滑に仕事が進むでしょう。

あるいは、現地での商談に臨むなら、ビジネスレベルの中国語が必要になりますが、その時に通訳を介さず直接中国語でコミュニケーションをとれれば大きな信頼にもつながります。

フルーエントの学長がライフデザイン・キャリアデザインのプロとしての観点から、「中国語とお金の関係」についてお伝えしています。 ぜひご覧ください。
無料動画『中国語とお金(収入・年収・給料など)の関係

 

4. 中国での最新ビジネス

DJI ドローン

ビジネスは時代と共に変化していきますが、中国企業のビジネスも飛躍的に変化してきました。次に、そんな中国でのビジネス内容の変化をご紹介します。

4-1. 中国企業との取引

長らく中国は「世界の工場」と呼ばれていました。世界中から原材料を輸入し、その原材料を元として製品を製造し、世界中に輸出している様子がその由来です。

以前の日本と中国企業とのビジネスは、中国企業から原材料を仕入れたり、中国企業に製造を依頼するケースが目立っていました。ファッションブランドの服の多くが、中国で製造されていることはよく知られているでしょう。

しかし、いまや中国が世界の工場から徐々に脱却、通信技術などの分野で急激な成長を見せています。

IT企業が中国の技術を日本に取り入れたり、逆に日本の持つ技術を中国企業が学ぶといった相互間の企業取引があります。そして中国と日本は互いに経済的な発展に向けて取引を進めています。

4-2. 中国企業の成長

中国製は低品質、オリジナルではなくパクリ商品・製品ばかり・・・という姿は既に過去のものとなりつつあります

中国企業が生産する白物家電は、すでに世界でトップシェアを獲得しています。また製造業の成長だけでなく、ITや通信関係の企業がめざましく躍進してきました。「ドローン」の個人向け製品で世界シェアの7割を占める企業・DJI社は中国の企業です。

また、以前は日本の会社が中国に進出して、日本人の駐在員を派遣するケースが多かったのですが、最近では中国企業の逆進出が増えて、中国人の駐在員を日本に派遣するケースが増えてきました。例えば、中国企業の、シェアサイクルのMobike(モバイク)社は日本で事業を開始しましたし、携帯電話のHUAWEI(ファーウェイ)社は日本の携帯市場で地位を確立しています。中国企業が中国から駐在員を日本に派遣して、販路を拡大しています。

日本と中国とのビジネスの形態が多様化するにつれ、中国側との商談は複雑になります。もし中国の取引先社員が日本語ができたとしても、ビジネスレベルの中国語ができれば、コミュニケーションはより円滑になり、良好な関係に結び付けられるでしょう。

 

まとめ. 中国語は今後のビジネスの場面で役に立つスキルである

中国企業とのビジネスは多様化し、日本との結びつきはより強くなっています。これからもますます中国と関わりをもつ会社が増えていくでしょう。

日本人が運営しているネットショップも、売られている商品は日本人が自ら中国に赴き、現地で商品を仕入れてきます。ネットショップで売られている電化製品やバッグ、衣類などは、中国産のものが多いです。中国とのビジネスは、大企業だけのものではなくなりました。これからはネットショップを始めとする小売業でも、中国との結びつきは強くなるでしょう。

そのような傾向が強くなると、大企業だけでなく、中小企業、小売業においても身近なビジネスチャンスは多くあり、そこでの中国語力は今以上に大きな武器になっていくでしょう。この機会に是非ビジネスで活かせる中国語を学びましょう。フルーエントでは、中国語を真剣に学び、ビジネスに活かしたいあなたへ。オンライン講座を開講しています。まずは、無料のオンライン講座をご体験ください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法【動画付】

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

無料|中国語を半年でマスターした私の人生を変えた中国語の学習方法をお教えします!

より早く、より簡単に中国語をマスターしたいと思いませんか?

間違えた勉強法をしていると、上達はなかなか見込めません。


そこで、半年で中国語をマスターした私が、他の方でもマスターできるようにノウハウをまとめました。


【ダウンロードできるもの】


☆中国語習得・HSK合格・発音習得のポイント音声レクチャー


☆中国語声調特訓用音声


☆中国語声調特訓用テキスト


☆中国語ピンイン表


☆中国語レクチャー動画


☆書籍お試し版


・中国語をマスターしたいが、具体的にどうすればいいのかわからない


・できるだけ効率的な学習方法を知りたい


・今度こそ挫折せず続けて勉強みたい


・資格として生かすために上位級の検定に合格したい


そんな方は、ぜひこのノウハウを活用してください。


きっと上達が早まります。


無料で自宅体験を試して見る

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ