【ビジョンを紙に書くということ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ2,875がこの記事を参考にしています!

昨日、家の掃除をしていると
2012年に書いたビジョンノートを発見。

この時は、毎日10個、
人生で実現したいことを書く
ということを実験していた。

今回ノートを見返して
目に留まったビジョンは、
「2016年に英語圏に会社設立」
とういうもの。

書いたノートの存在すら忘れてたけど
今年2016年に無事シンガポールに
会社を設立していた。

やはり、
「ビジョンを紙に書く」
ということの重要性を再認識。
ビジョンを書く上で大切なことは、
デジタルではなく、
紙に手書きで書くということ。

手書きで残すことにより、
体感覚にも刻まれ、
デジタルよりも後に目にする頻度が
格段に上がる。

そうすることで
無意識で行動レベルが上がってくる。

研修やセミナーで参加者に聞いてみると
ビジョンを紙に書いている人が全体の約10%、
その中でよく見返している人がさらに10%くらい。

つまり、書いたビジョンを
よく見返している人は100人に1人。

法人研修の場合は、
社長や人事部長はよくやっている。

すごーく単純なことなんだけど、
やっている人は意外と少ない。

イチローだって、
本田圭介だって、
小学校時点から、
明確な目標を紙に書いている。

イチローの場合は、プロ入りの契約金1億円以上、
本田も、セリエAで10番、と
具体的に書いています。

そしてそのための努力のプロセスまでも
書いている。

そう、
1.明確な目標を紙に書く
2.努力のプロセスも書く
3.現在進行形で実行することで実現を信じる
これが大事。

まずは1つのビジョンでOK。
ビジョンと実現のための努力を
手書きで書いてみよう。
今すぐ。

そして今日から
努力のプロセスを実行しよう。

関連記事Related Articles

関連記事
【リモートワークにおける運動】4つのポイント

先日、北京で2週間の隔離生活を送っている Read more

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ