超おトクな中国語講座だった!今すぐ中国語を始めるべき3つの理由も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ484がこの記事を参考にしています!

短期間で中国語を話せるようになり、試験にも合格できるフルーエントの「マンツーマンサポートコース」。

今回は、2年間コースを受講された冷岡美聡さんと、専属トレーナーの対談をお届けします!

好きな中国人タレントとの出会いをきっかけに、独学で中国語を始めた冷岡さん。なかなか中国語が聞き取れないことに悩み、フルーエントを受講されました。

苦手だったリスニングを克服され、今では好きなタレントの番組を翻訳なしで楽しめるようになりました。さらにこの春、社会人入試で大学にも合格!2年前は、まさか大学生になるとは想像していなくて「中国語で人生が変わった」とのこと。

フルーエント式の成功体験から「今すぐ中国語を始めるべき理由」まで語っていただきました。(取材:中国ゼミ編集部 高田寿実)

【中国語で自己紹介】こちらの動画で冷岡さんの自己紹介をご覧いただけます!

独学では中国語が身につかず、フルーエントを受講

まずは冷岡さんが中国語を始めたきっかけ、フルーエント受講までの経緯をお聞きします。

きっかけはTwitterに流れた中国人タレント。美しさに惹かれて中国語の世界へ。

中国ゼミ 高田(以下 高田):冷岡さんは、1年間「マンツーマンサポートコース」をご受講後、さらに継続コースを1年、合計2年間フルーエントで学ばれたんですね。過去に、学習経験はありましたか?

ご受講生 冷岡さん(以下 冷岡さん):はい。1年くらい独学で勉強していました。書店で「簡単 中国語」みたいなテキストを買って読んでいました。

高田:中国語を始めたきっかけを伺っていいですか?

冷岡さん:実は、好きなタレントと言いますか、あるコスプレイヤーさんがいまして。

高田:コスプレイヤーさん?

冷岡さん冷岡:はい。ある時Twitterのタイムラインで、漢服を着た美しい男性の写真が目に留まったんです。「何じゃこの人は!!!」と、一瞬で虜になって、調べてみたら中国の方でした。

高田:へーーっ!

冷岡さん:Twitterで中国人の方が「こんな人ですよ」って教えてくれて。その人のことを知りたくて、中国のSNS「Weibo」でフォローしました。最初は、全て中国語でやり方が全くわかりませんでしたが、その親切な方がサポートしてくれて、登録できました!

でも、中国語の記事が理解できない。翻訳アプリも精度が悪い。漢字の雰囲気から何となく意味はわかっても、音声を聞くとチンプンカンプンで。それで勉強を始めました。

高田:なるほど。好きなタレントさんから入ったんですね!

冷岡さん:そうなんです。でも、独学に限界を感じて、ネットで中国語教室や通信教育を調べはじめました。

中国語をどこで誰に学ぶべきか。検索でフルーエントを知った。

冷岡さん:仕事の後に、家で勉強をしたかったので、あわよくば通信講座、と思って検索したところ、フルーエントのすごく長ーい記事にたどり着きました(笑)「この講座は大丈夫かな?」と、じっくり読みました。やはりお金がかかることなので慎重に考えました。

高田:長い記事を読んでいただきありがとうございます!フルーエントに決めていただいた理由は?

冷岡さん:ホームページの内容も良かったんですが、無料で公開されている情報のクオリティが高くて。例えばピンインの音節は、全部の音声が公開されていますよね。他にはなくて、「この会社は本格的だな」と思いました。

高田:ありがとうございます!

受講生×トレーナー対談:最強の中国語コーチング

ここから、冷岡さんを担当した三浦トレーナーとの対談をお届けします!

途中で挫折しない!フルーエント式学習法とは?

高田:フルーエントの特徴の1つとして、専任の日本人トレーナーによるマンツーマンサポートがあります。豊富なサポート内容の中で、冷岡さんが一番よかったものは何でしたか?

冷岡さん:その日に勉強した内容をメールする「学習報告システム」が良かったです!義務感が発生するので、自然と勉強を習慣化できました。忙しい時もメールを送らなきゃいけないので、5分でもいいから勉強したり。「今日はこれをやりました」とメールして1日を終える、みたいな感じで勉強を習慣化できましたね。

高田:三浦トレーナー、冷岡さんの学習報告は途切れなく届きましたか?

三浦トレーナー(以下 三浦)::そうですね。美聡さんはメールの本数も結構多かったですね。連絡がないと、あれ?体調悪いんかな?と、少し心配になって(笑)。勉強以外の楽しいメールもいただきましたよ。

冷岡さん:はい。楽しいメールも送りました(笑)

高田:何だか楽しそうですね!内容の濃い2年間だったことが伝わってきます。具体的に、どんな質問をされていたんですか?

冷岡さん:勉強していて分からない内容、疑問に思ったことです。自分で調べても分からないところを三浦さんにメールして、教えてもらう。勉強をすればするほど謎が出てくるので(笑)謎を解くために、質問メールを送っていました。

三浦::美聡さんは、今までの受講生さんにはない面白い質問が多かったです(笑)例えばマニアックな「漢字の成り立ち」について聞かれたり。私もメールが届いたら「おっ、次は何が来る?」とドキドキでしたね。

冷岡さん:2年勉強していますが、やっぱり中国語は奥が深いなぁと思います。まだまだ疑問がいっぱい!

高田:わからないことをいつでもトレーナーに質問できるのは心強いですね!

学習時間は1日30分〜50分。試験前はYouTubeを絶って勉強に集中

高田:当時、勉強時間はどのくらいでしたか?

冷岡さん:最初の2ヶ月間は、必ず毎日1時間、発音練習をしていました。発音をマスターした後の勉強時間は、平日も休日も1日30分から50分、1週間では最高で9時間半程度ですね。最低でも、週に3時間半〜5時間半は勉強していました。

高田:お仕事しながら、毎日必ず勉強をしていたことが素晴らしいですね。いつ勉強していたんですか?

冷岡さん:夕飯の後、夜の8時から9時頃、自分の車に行って勉強をしていました。 車の中で勉強をしていた理由は2つありまして、1つはお腹から大きな声を出して練習をしたかったから。もう1つは、家族に発音練習をからかわれたくなかったからです。

高田:車の中が、落ち着ける場所だったんですね。三浦トレーナーから見て、冷岡さんの学習スタイルはいかがでしたか?

三浦:美聡さんは、素晴らしい集中力の持ち主です。1つのことを「やり抜く」と決めたら、勢いよく継続できる方。ご受講中にいろいろ行動を起こされていました。一番印象に残っているのは、コーチング中に「この後、泊まり込みで中国語合宿へ行きます!」と言われたことです。

高田:泊まり込み合宿?それ、気になりますね。

冷岡さん:HSK の5級か、4級の試験前だったと思います。試験勉強のために、近くのホテルを予約しました。家にいると、ついYouTubeやTwitterを見てしまうので。大好きな動画、SNSの情報をシャットアウトして、集中できる環境を作らないとダメだと思ったんです。一応、1時間ごとに細かく予定を立てて勉強を進めました。

高田:追い込み環境を作ったんですね!計画を立てて勉強するタイプでしたか?

冷岡さん:いえ、全くです。フルーエントのテキストに「一週間の計画を立てて勉強しましょう!」とありましたが、一度も書いたことはございません(笑)私は書くだけで満足しちゃうタイプなので「計画を考える時間があったら、勉強しちゃった方が早い」と思いました。

高田:なるほど!三浦トレーナー、冷岡さんは効率的に学ばれたかと思いますが、いかがでしたか?

三浦:スケジュールは計画的に進められていたんですけど…ちょっとね、横道にそれることはありましたね。そんな時は、私から「日記を書いてみよう」とか、「歌を翻訳してみよう」とか、提案しました。

でも美聡さんは、いい意味で「うまく手を抜けるタイプ」です。多くのご受講生は、行き詰まった時、「勉強しなきゃ!」とスランプに陥ってしまうんですよ。 美聡さんの学習報告では「今日はやる気がなかったので、勉強やめました!学習時間1分」とかね。うまく手を抜きながら、中国語と趣味を直結させて継続されていました。

冷岡さん:趣味がきっかけで中国語を始めたので、好きなことを知りたい感覚で勉強しました!

音声だけで改善点を指南。トレーナーの発音チェックが神がかっていた!

高田:続いて中国語コーチングについてお聞きします。まず最初の発音チェックや発音指導は、いかがでしたか?

冷岡さん:音声のみのコーチングでしたが、私が間違った発音をした時、三浦トレーナーが「舌の位置はこうだよ」「唇の形をこうするといいよ」と教えてくれました。どうして私の顔が見えないのに、音だけで細かな間違いがわかるんだろう…?と、的確な発音指導に感激しました!!長い間ずっと中国語を勉強されてきたプロの先生なんだなって。

高田:はい!トレーナー陣は、中国語の指導経験も、中国滞在経験も豊富なプロフェッショナルです。三浦トレーナーの中国歴もかなり長いですよね。

三浦:直近では、蘇州に8年半住んでいました。その他、大学生の頃に上海へ短期留学、卒業後に北京の大学へ1年間留学もしていました。

冷岡さん:そうそう、トレーナーさんの中国経験談も面白かったです!たまにコラムが届きましたが、私は現地のリアルなネタを楽しみにしていました。

はじめに発音練習を頑張ると、後の勉強がグッと楽になる!

高田:発音の話に戻りますね。日本人にとって中国語の発音は難しい、と言われていますが、初心者の頃は苦労されましたか?

冷岡さん:苦労と言うか、初めての中国語発音なので、できないことが前提です。「まずはやってみよう!」精神で声を出していました。初期の頃は、よく自分の発音を録画していました。今その動画を見ると、初めて四声を知ったような超初心者の発音で、今の自分と比べると、すごい成長を実感できますね。

高田:素晴らしいですね!フルーエントのテキストにも載っていましたが、勉強に行き詰まった時、初心者の頃に録音した発音を聞いてみると、大きな成長を感じる、みたいな。三浦トレーナー、冷岡さんの初心者の頃を覚えていますか?

三浦:覚えてますよー!私がお伝えしたことを、しっかり実践してくれました。発音で分からないことがあると常に質問をいただき、1つ1つ解決しながら頑張っていましたね。私が「ちゃんとできていますよ。そこまで悩まなくて大丈夫ですよ、美聡さん」と言ってしまう程、こだわって練習をされていました。

高田:発音練習をすごく頑張ったんですね。

三浦:素晴らしかったです!今まで多くのご受講生を見てきて思うのは、初期に発音をしっかり練習した方は、半年〜1年経った時に発音が乱れにくいんですよ。初期にチャチャチャっと「私、できるできる〜」と進めた方は、半年ぐらい経った時に「あれ?e の音がわからない」となってしまう。最初に悩んだ経験がないと、何が正しい音なのか思い出せない。そんな方が多いんですよ。

私は、美聡さんに「そこまで悩まなくて大丈夫」と言いつつも、悩んで乗り越える経験の大切さを伝えました。「もし1年後にスランプに陥っても、正しい発音を思い出せるから大丈夫!」と。その結果、半年後の美聡さんはご自身の録音を聴いて「ココの発音が違う、第4声が下がってない」など、自分で自分の間違いに気付かれるようになりました。初期に苦労された経験が、半年後、1年後の成長に結びついて、“中国語耳”が完成したんです!

冷岡さん:ありがとうございます!!嬉しいです。

高田:まずは発音練習に取り組み、正しい音を身につけることが大切だと。先に発音さえクリアすれば、漢字がわかる日本人なら中国語を読めるし、理解できる。後の学習が楽になりますよね。とはいえ、ひたすらピンインを繰り返す練習、飽きませんでしたか?

冷岡さん:全く飽きていません!好きなことに集中すると、細く長くと言うより「太く長く」行けます。疲れてダルい時はありましたが、中国語を始めて以来、「勉強したくない」と思ったことはありません。

スランプに陥るヒマはない。トライアンドエラーの繰り返しで習得!

高田:2年間の学習期間で、スランプは訪れましたか?

冷岡さん:スランプ、というのはないですね。私は中国語をゼロからスタートしているので、少しでも内容が聞き取れたらラッキー!と思っていました。

三浦:確かに美聡さんは、ズドーンと落ちた時がありませんでした。学習報告に「今ちょっと落ち気味です」と書かれながらも、ちゃんと自分の良い部分を拾えていましたね。「今日この難しい中国語を聞き取れた私は、成長していますよね」と、伝えてくれました。スランプになる前に、自分の成長を気付かれている。そこが美聡さんのスゴさ、底力ですね。一番苦しそうだったのは…

冷岡さん:あ、HSK試験1週間前、中国語合宿中にYouTube断ちをした時ですね。あの時が一番辛かったです(笑)試験が終わって会場を出て、すぐYouTubeを見て、三浦さんに「やっと見ました〜」とメールしましたね。

三浦:ご自身で決めて、追い込んで、最後までやり切りる力が半端ない!

高田:サポート側も嬉しいですよね。トレーナー冥利につきると言いますか… 

三浦:そうなんです。私が美聡さんに「こんな勉強法はありますよ」と伝えると、すぐに調べてトライしてくれました。その後、やってみた結果と感想も報告いただいて。私の提案が美聡さんに合わなかった時は、別の勉強法を伝えると、また試していただける。語学を身につけるためには、トライアンドエラーのサイクルを回すことも大切で、素早い行動力がカギになります。私もアドバイスしがいがありました。

大学進学を決意し、社会人入試で合格!進路相談にも乗ってくれた。

高田:この春、社会人入試で大学に合格されました。以前から大学で中国語を勉強したいと思っていたんですか?

冷岡さん:いいえ、具体的には考えていませんでした。ある日、Skypeコーチングで三浦さんが社会人の大学進学について話してくれました。気になって調べたら、中国にある大学の日本校を知ったのです。実は私、ずっと大学に行きたい気持ちがありながら仕事を続けていて。三浦さんから大学の話を聞いて「今なら行けそう、ラッキー!」と思い、スイッチが入りました。

三浦:そこから大学進学の話が増えましたよね。

冷岡さん:いろいろ相談に乗ってもらいながら受験の準備を始めて。社会人入試で合格できました!

高田:改めておめでとうございます!!2年前、大学生になることを想像していましたか?

冷岡さん:全く思っていませんでした。自分でも何があったの?という感じですよ(笑)

三浦:私もビックリです!2年前の美聡さんに会いたいですね。

冷岡さん:でも、今やっと長年の願望を実現できました。あわよくば大卒になって、もっと稼ぎたいという気持ちだったので(笑)

高田:収入面も大事です!三宅学長も「中国語を身につけたら収入が上がる」と言ってます。まさに今、中国語で成功する道を歩まれていますね。

勉強が楽しい!ワクワクしてテキストを開いた日々

高田:フルーエントのテキストはいかがでしたか?

冷岡さん:すごく工夫されています。テキストには中国語だけでなく、心理学の要素も入っていて、何度も救われました。時には、勉強のためにテキストを開くのがダルく感じますが、勉強というより「心理テストやろう!」と、ワクワクしてページを進めました。心理学的な仕掛けなのか、中国語に対する難易度が下がる効果もありましたね。

高田:三宅学長は心理学の専門家でもあります。他にも、ストレッチや呼吸、食事や健康の話まで。心と体のアプローチから、勉強に集中できる環境づくりまでサポートしているなど、多くの仕掛けがありますよね。

三浦:美聡さんは、テキストもうまく活用して気分転換できていましたね。

人生が変わった2年間|今すぐ中国語を始めるべき3つの理由

トレーナーからのアドバイスを実践され、中国語をマスターされた冷岡さん。最後に、ご自身の人生が変わったとおっしゃる2年間をまとめます。

トレーナーの超ポジティブな指導で中国語が身についた。

高田:冷岡さんの2年間、ずっと三浦トレーナーが担当しました。改めて振り返ってみて、いかがでしたか?

三浦:2年間、お話を聞いてアドバイスをしていると、だんだん娘のように思えてきて。本当に可愛い存在です(笑)ちょっと厳しいことを伝えても、悪く捉えずに素直に受け止めてくれて。

高田:何だか微笑ましい!冷岡さんも、三浦トレーナーには話しやすかったですか?

冷岡さん:はい!とても話しやすかったです。どんな時もポジティブでいてくれて、勉強もポンポンポンと笑って進められる。全くネガティブな気持ちがないんです。

あと言い方は悪いですが、お金を払ってるので「使い倒してやろう!」みたいな感じでした(笑)アドバイスは全部聞いて、吸収しようと思っていました。

高田:その気持ちが大事ですね!

シャドーイングでリスニング力が伸び、滑らかな中国語を話せるように!

高田:他に、受講前と比べて、大きな変化はありましたか?

冷岡さん:圧倒的なリスニング力が手に入ったことです!聞き取れる中国語が増えて、まさに「耳が育った」という感覚です。

シャドーイングを繰り返した結果、中国語を滑らかに話せるようになりましたし、理解できる単語が増えました。過去に聞いた音と、新しく聞いた音が一致した時は嬉しいですね。

高田:自由に使える中国語が増えて、さらに成長を感じられますね。

冷岡さん:はい。たまたま昨日、好きなタレントさんの生放送を聞いたんですけど、結構多くの内容を聞き取れました!今までは、聴きながら翻訳機で調べて、時間がかかっていました。最近は、直で中国語が耳に入ってくるので理解のスピードは上がり、楽しくなりましたね!

高田:それは嬉しいですね。今、大学の授業はいかがですか?

冷岡さん:中国人講師のスピーキング授業では、日本語と中国語で教えてくださっています。一生懸命に伝えてくれるのは分かるんですが、理解できない部分も多くて。日本人トレーナーの有り難みを実感しています。初心者の時に、三浦さんから説明を受けて、しっかり理解した上で勉強ができ、良かったです。

リスニングを克服して「中国語耳が買えた!」200%お得な講座

高田:将来は、どのように描いていますか?

冷岡さん:すごく抽象的ですが…将来の生活が、今より豊かであってほしいです。年齢を重ねれば重ねるほど、体の自由も効かなくなるので、今のうちに体も鍛えて。中国語の勉強も続けながら一生物のスキルを身につけて、将来に備えたいです!

三浦:美聡さん、若いのにしっかりされている!

高田:まさに三宅学長が講座を提供している目的そのものです!「中国語学習を通じて人生全体を良くする」と言っていますので、その通りの道を進んでいらっしゃいます。

では、ズバリ聞いてしまいますが、フルーエント講座の学費は、どう思われますか?

冷岡さん:うーん、そうですね… 約30万円で「中国語耳が買えた」と考えると、超お得な講座だと思います!

三浦:「中国語耳が買えた!」名言いただきました〜!

高田:語学学校に通うと、最低でも30万円〜50万円、長く通うと100万円以上払っても中国語が身につかない方もいます。フルーエントの費用対効果は…

冷岡さん:200%ですよ!

高田:ありがとうございます!では最後に、これから中国語を勉強をしようと思っている読者のみなさんへ、メッセージをお願いします。

冷岡さん:「思い立ったが吉日」、中国語をやりたいなら今すぐ始めるのがいい、です。フルーエントのようなコース、自分が納得できる仕組みがあって、お金も何とかなるなら今すぐ行動して欲しいと思います。勉強時間は、その気になればいくらでも作れるもの。たった1年だけなので、その後の長い人生を考えると、お金を費やす価値が高いですよ!

高田:素晴らしいコメントをいただきました。冷岡さん、三浦トレーナー、本日はありがとうございました!

マンツーマンでサポート!担当トレーナーの紹介

冷岡さんの中国語学習をマンツーマンでサポートした三浦佳織トレーナー。以下、学長からのコメント、プロフィールを紹介します。

『三浦トレーナーは、中国語の標準語を流暢に話しつつ、教える時の日本語は関西弁!常に明るくポジティブな言葉で、中国語学習を楽しい時間に変えることが大の得意。1人1人に合った学習法の提案など、的確な指導により、わずか1年で最高レベルHSK6級合格を達成した受講生も多数。』(学長 三宅裕之)

三浦佳織トレーナー プロフィール

中国在住歴は計10年以上、フルーエントでの指導歴は約5年、これまでに250人以上の受講生をサポートしてきた。 大学在学中に上海へ短期留学。卒業後、北京の大学へ1年間留学。中国系旅行会社勤務を経て、再び中国へ。蘇州にて8年半、中国ライフを謳歌して帰国。趣味は国内外の旅行で、中国でオススメの地は、シルクロード、チベット、四川省、河西回廊、雲南など。

今すぐ中国語を始めるべき3つの理由

  • 1. 効率的な学習法で学ぶと短期間で習得できる。費用対効果が高いから。 
  • 2. はじめに発音練習を繰り返すと、確実に上達する言語だから。
  • 3. 想像していなかった新しい人生がスタートするから。

無料セミナー開催決定!ご招待&豪華3大特典プレゼント

【ご招待】中国ゼミ読者のみなさまへ。フルーエント学長 三宅裕之の無料オンラインセミナーが開催決定!セミナー参加者限定で、以下の豪華3大特典をプレゼントします。

  • ・「HSK・中国語検定 最強の学習法」お試し版
  • ・わかりやすい声調音声&テキスト
  • ・中国語ピンイン&一覧表


無料セミナーでは、半年で中国語をマスターしたフルーエント中国語学院学長 三宅裕之が「語学が上達しない原因」「1年以内に中国語が話せるようになる方法」をお伝えします。今すぐ以下のボタンから詳細をご覧ください。


▶︎ 詳しくはこちら

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ