中国語を勉強している方におすすめする7つの資格とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のべ1,737がこの記事を参考にしています!

中国語を学習されている皆さんは、中国語の検定資格にはどんなものがあるか知っていますか?

中国語の学習をはじめたばかりの方はもちろんのこと、既に学習中の方も、資格取得という目標に向けて学習することで、中国語学習へのモチベーションが俄然上がります。

中国語の資格試験の中で、中国ゼミでは、ネイティブに通じる中国語を習得するという観点からも、資格試験を受けるなら、HSKを断然おすすめします。

この記事では、HSKをはじめ、中国語に関する7つの検定試験についてご紹介しています。それぞれ検定の特徴を理解して、キャリアアップや留学、中国語力を上げるための目標に向かって、より中国語の学習を楽しみましょう。

中国ゼミでは、中国語を本気でマスターしたい方へ。期間・人数限定で無料講座をプレゼント! いますぐこちら【無料中国語レクチャー】をぜひ体験してください。

1.一番のおすすめは世界に通用するHSK

HSKとは、中国政府が公認する中国語の検定で、世界共通基準の資格です。HSKの問題は、どれも実際の日常生活の中で使われるものが多く、実用性の高い中国語能力が求めらるのが特徴です。HSKは、問題も回答も全て中国語となります。

中国ゼミでは、中国語を学習している方へ、HSKの受験を一番におすすめします。その理由は、HSKは中国語の実践力が試される資格なので、この資格を目指す学習をすることが、実際にネイティブに通じる中国語の習得につながるからです。

現在中国をはじめ世界中の多くの国と地域で、毎月実施されていますので、海外在住の方にもおすすめです。日本での実施日程によって異なりますが、東京会場のみもしくは全国主要都市で開催されます。

詳しいスケジュールは、公式サイトをご確認ください。

1-1.実践的な中国語力をアピールできるHSK

今や、グローバル企業へ就職の場合には英語だけでなく、むしろ中国語ができることが大きなポイントです。HSKは中国語の運用能力を測定する資格なので、中国での就職や転職・グローバル企業での就職の際にアピールできます。また、中国へ留学の際には必須の条件となります。

 

HSKのレベルは1級・2級・3級・4級・5級・6級の6段階に分かれています。1級が最も易しく、級の数字が上がるごとに難易度が増し、6級が最も難しい級です。レベルとしては、1~4級までが初級、5級が中級、6級が上級レベルです。試験は6級から3級までは筆記試験はリスニング、読解、作文で構成され、2級・1級は作文がないぶん難易度が上がります。

1-2.ビジネス目的なら4級から

中国語を活かした就職・転職が目的であれば4級が最低ラインとなり、中国語を使った即戦力として働くことを希望するのであれば、HSK5級以上が望ましいです。

  • 中国語が初心者の方へ
    まずは、一番近い受験日程をチェックし、一番初級の級を申し込みましょう。学習時間として、週10時間を目指していけば、それを半年繰り返せば初心者でも半年後には、十分4級に挑戦できるでしょう。
  • 既に中国語を学習中の方へ
    過去問をチェックしてみて、自分がわかるレベルよりもちょっと難しい級を目標に、受験してみましょう。

※過去問や受験の申し込み方法は下記の公式ページをご覧ください。

HSKのそれぞれの級で求められるレベルについての詳細は、中国ゼミのこちらの記事をご参考にしてください。
HSKを受験するなら必読!<レベル>の話 1級~6級

 

2.受けやすい資格は中国語検定

2-1.国内では最も有名な資格

中国語検定試験は、英検についで受験者の多い語学系資格であり、日本国内においては、知名度・受験会場数・受験者数で最もメジャーな一般財団法人中国語検定協会主催による中国語の資格です。

この試験は、リスニングと筆記試験が出題され、日本語⇔中国語の相互翻訳能力が求められます。受験チャンスは年3回(1級のみ1回)、受験会場も他の中国語試験に比べて多く、問題も日本語なので中国語の試験が初めての方でも受けやすいのが特徴です。実践的なHSKに比べて、中国語の知識分野を問われる問題が多いので、受験英語を思い出させます。

レベルは、準4級、4級、3級、2級、準1級、1級と、6段階あり数値が下がるほどレベルが上がります。3級までが初級、2級が中級、準1級からが上級レベルです。

学習時間の目安として、個人差はあるものの、4級までであれば、週1回の勉強で半年、3級の場合は1年で十分合格できるレベルですが、2級となると1日1時間の学習を2年続ける必要があり、準1級からは数千時間(2年~10年)の勉強が必要と言われています。

また準1級は事実上の最終ゴールともいわれています。というのは、1級の合格率はわずか1ケタ台でネイティブですら、受からないと言われているほどの超難関の資格だからです。しかし中国語のプロとして活躍したい方は、人生をかけても価値のある資格ですので、挑戦してみましょう!

2-2.履歴書に書くには最低3級から

中国語の即戦力として認められているのは2級以上です。履歴書に記載するなら2級からが望ましいですが、中国語は、英語と違って、出来ない方がほとんどなので、中国語が少しできるというアピールポイントの一つとして、3級から記載しても問題はないでしょう。

その場合、中国語を現在学習中ということを備考として書いておきましょう。中国語を活かした就職や転職を考えている方は、2級・準1級を目標にして学習スケジュールをたてましょう。

試験日程などに関する詳細は、一般財団法人中国語検定協会のホームページより確認できます。

 

3.TECCは実務能力に直結

TECCは一般財団法人中国ビジネス交流協会が主催する中国語によるコミュニケーション能力を測定する検定です。中国語検定やHSKのように、等級別に試験があるのではなく、1種類の統一試験でスコアが出され、いわば中国版のTOEICのような資格です。

少し前までは非常にマイナーな資格でしたが、特に中国との取引があるような会社では重宝されだした資格です。日常生活やビジネスシーンで使われる中国語が多く出題されます。また、就職以外にもきちんと中国語を話してみたい人にもおすすめです。

受験のお申込みや試験概要については、公式ページをご確認ください。

 

4.会話に特化したC.TEST 実用中国語レベル認定試験

HSK試験を開発・制作した北京語言大学漢語試験研究センターが開発した試験で、2006年の7月より日本(東京・大阪)でもスタートしました。その他、韓国・中国で実施されています。

この試験は、試験は会話試験と筆記試験で構成されていますが、中国語による基礎からビジネスにわたってのコミニュケーション能力が判断されるため、ヒアリング力が特に重視されています。特に会話試験がユニークで、日中間をTV電話で結んだ、対話方式によって実施されます。

「ADレベル試験」と「Gレベル試験」の2種類のレベルに分かれており、ADレベルは1000時間以上、Gレベルは150時間以上の学習時間の方が対象とされています。

この資格は、就職や転職だけでなく、学習進歩の判断材料としても利用されることをお勧めします。

試験の日程等詳細は、こちらの公式ページをご参考にしてください。

 

5.ビジネスに特化したBTCビジネス中国語検定

BCT(ビジネス中国語検定試験)は全世界で行われる国際レベルの標準試験で、ビジネスに特化した中国語のコミュニケーション能力を測定するものです。試験の内容は「聞く・話す」能力を重視し、職場でビジネスシーンの実践で使えるレベルが求められます。試験は問題も回答もすべて中国語です。

レベルは、初級レベルのBCT-Aと中級・上級レベルのBCT-Bの2段階にわかれています。BCT-AはHSK2級〜4級中のレベルなので、職場で中国語に触れる機会が増えたので、中国語の学習を始めたという方にもおすすめです。試験は6月と11月の年に2回開催されます。

BTCビジネス中国語検定に関する詳しい情報は、こちらの公式ページをご参考にしてください。

BTCビジネス中国語検定についての詳細は、中国ゼミのこちらの記事をご参照ください。
ビジネスで必須!初心者でも気軽に学べる中国語の学習法とは?

 

6.台湾への留学を考えているならTOCFL (華語文能力測驗)

TOCFL(華語文能力測驗)は、台湾の国家中国語能力試験推進委員会によって作られた台湾華語能力試験で、唯一の繫体字の試験です。HSKの台湾版と考えていただいていいでしょう。レベルは精通級(C2)、流利級(C1)、高階級(B2)、進階級(B1)、基礎級(A2)、入門級(A1)の6段階に分かれています。試験は、リスニングと読解で構成されています。

台湾で留学を考えている人であればこの検定が必須になります。

試験日程などの詳細は、こちらの公式ページをご確認ください。

 

7.中国語のプロを目指すなら全国通訳案内士がおすすめ

日本では、近年中国からの観光客が増加していますが、資格を持つ通訳案内士のニーズが高いにもかかわらず、足りていない現状です。全国通訳案内士は、日本を訪れた外国人観光客に付き添って案内し、報酬を得ることができる国家資格です。

この資格は、年齢、性別、学歴、国籍、実務経験などに関係なく誰でも受験可能です。中国語をフルに活用しながら、自国のことをご紹介できる一生の資格です。

試験は、年1回1次試験と2次試験の2段階があります。(1次試験は筆記試験、2次試験は面接試験)

<筆記試験科目>

  • 外国語
  • 日本地理
  • 日本史
  • 一般常識(日本の産業、政治経済、文化など)
  • 通訳案内士の実務

外国語で中国語を選択した場合、HSK試験6級で180点以上、または中国検定試験1級の合格者は、1次試験の中国語試験は免除されます。

試験に関する詳細は国土交通省観光庁の公式ホームページもご参照ください。

 

中国語の資格取得を目指そう

中国語を勉強していく中で、資格試験を受けることは、学習過程でのモチベーションの向上にも繋がり、就職や転職などの際にも強い味方になるでしょう。また、努力の結果、「合格」に結びついた時の達成感は言うまでもありません。この記事では、中国語の資格についてご紹介してきましたが、自分の目的に合った資格を見つけて、受験プランをたてましょう。

その資格取得に向けて取り組むことが中国語を効率的に習得する近道にもなります。また、定期的にHSKなどの資格検定を受けることによって、自分の中国語レベルを判断することができます。これは、中国語力を向上させていくためにはとても大切なことです。

中国ゼミでは、中国語を学習するあなたを応援しています。オンライン講座では、資格のために効率的な勉強法を伝授しています。今なら期間・限定で無料中国語オンライン講座を開講しています。無料中国語オンライン講座をチェックしてみてください。

\ あわせてぜひ読んで欲しい人気記事 /

・中国ゼミでは日本人が効率よく中国語をマスターするためのノウハウをすべてご紹介しています。ぜひ実践してください。
動画付|5000人指導のプロが教える最強の中国語勉強法

・また「中国語」にまつわる疑問を中国ゼミが徹底解説しています。
10分でわかる中国語のすべて~中国語とは?方言は?学習法は?~

関連記事Related Articles

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ