2017年度版:中国語検定HSKと中国の外国人就労許可・ビザの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HSK ビザ
のべ2,269がこの記事を参考にしています!

在中国の日本人駐在員をザワつかせているニュースがあります。それは「2017年4月から外国人就労許可がABCランク付けされる」というニュース。Cランクに分類されてしまうと、中国から追い返されてしまう!? どうしよう!? と焦っている駐在員の方もいらっしゃるかもしれません。

某週刊誌で「前代未聞!」などと、大いに煽られている情報が出回っていますが、実際のところどうなのか?

実情を現在わかっている範囲でお伝えします。お役に立てれば幸いです。

《中国語学習者のために、最短で中国語をマスターするノウハウをご紹介しています。こちら【無料中国語レクチャー】もぜひご覧ください。》

1 中国での外国人就労ビザと中国語能力の関係

まず先にお伝えしておくと、中国で外国人が働くために必要な「就労ビザ」の取得に、中国語能力は必須要件ではありません。ただ、2017年4月から「外国人就労許可」制度に変更があるため、各人の条件によっては「中国語の能力があった方が有利になる」方もいるようです。

ではどうやって中国語能力を証明するか。それはHSK(中国政府が認定する中国語検定試験・汉语水平考试)で中国語のレベルを証明することができます。

中国で働く人なら、HSKに合格して、得することはあっても損することはないので、筆者は基本的に受験をおすすめします。

オプトインバナー

2 2017年4月からABCランク分けされる外国人就労許可

前述した、2017年4月から導入される新しい外国人就労許可(外国人来华工作许可)制度について詳しく見ていきましょう。

この新制度は2016年10月から2017年3月まで北京、上海などで試運用が行われ、2017年4月から中国全土で運用されます。
(新外国人就労制度許可についての発表(原文)はこちら>>2016年9月27日に中华人民共和国国家外国专家局が発表した「国家外国专家局关于印发外国人来华工作许可制度试点实施方案的通知(http://fwp.safea.gov.cn/upload/PDF/001.pdf)」)

目的は、
・外国人就労許可の管理制度の統一、簡便化、国際水準化
・優秀な外国人人材の優遇(永住権の発行等) など
とされています。

ちなみに、
この「外国人就労許可」は、「就労ビザ」と混同されがちですが、実は別のモノです。まず、中国で政府機関に対して「外国人就労許可(外国人工作许可)」の許認可申請を行い、その後日本にある中国査証申請サービスセンターで「就労ビザ(Zビザ)」を申請します。
(>>「外国人就労許可(外国人工作许可)」の申請に関しては詳しくは「中华人民共和国国家外国专家局」のホームページ(http://www.safea.gov.cn/)を、また、「就労ビザ」の申請に関して詳しくは「中華人民共和国駐日本国大使館」のホームページ(http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/)を参照してください。)

3 点数制ABCランク分けの詳細

さまざまな項目で細かく点数が設定されており、その合計点数によってABCの3つにランク分けされます。ただし、点数に関係なく、評価・分類される要件もあります。

この分類により、Aランクのハイレベル人材は積極的に優遇、Bランク人材はコントロール、Cランク人材は制限する方針になるようです。

外国人就労者のランク分け
分類 採用方針 評価基準
A類 ハイレベル人材 奨励 中国の人材導入計画で認定された人材、国際的な功績のあった人材、市場ニーズを満たす人材、イノベーション人材、優秀青年人材など。あるいは点数85点以上の人材。
B類 専門人材 コントロール 中国の経済社会発展に不可欠な外国人専門人材、外国語教員など。あるいは点数60点以上の人材。
C類 一般人材 厳しく制限 国内の労働力市場を満たす、国家政策規定の臨時性、季節性、非技術性、及びサービス業の外国人人材。あるいは点数60点未満の人材。

ちなみに「労働許可」の話なので、帯同者(妻子などの家族)の条件などには一切関係ありません。

オプトインバナー

4 ABCランク分けの評価基準表

年収、年齢、中国語能力、出身大学や企業によって点数が付与されます。

項目 基準 点数
中国企業から支給される年収(最高20点) 45万元以上 20
35~45万元 17
25~35万元 14
15~25万元 11
7~15万元 8
5~7万元 5
5万元未満 0
教育水準および国際職業資質証明(最高20点) 博士或いはそれ相当 20
修士或いはそれ相当 15
学士或いはそれ相当  10
関連業務の経験年数(最高15点) 2年以上は1年ごとに1点加点  最高15 
2年 
2年未満  0
年間の勤務月数(最高15点)  9ヵ月以上  15
6~8ヵ月  10
3~5ヵ月  5
3ヵ月以下  0
中国語能力(最高10点) 中国語による学士課程卒業以上 10
HSK 5級以上 10
HSK 4級 8
HSK 3級 6
HSK 2級 4
HSK 1級 2
勤務地区(最高10点)  西部地区 10
東北地区や旧工業基地  10
中部地区の国家級貧困県や特別地区  10
年齢(最高15点)  18~25歳  10
26~45歳  15
46~55歳  10
56~60歳  5
60歳以上  0
世界著名大学卒業 / フォーチュン・グローバル500企業での勤務経験(最高5点) 世界大学ランキング100位以内の海外有名大学卒業 ※1  5
フォーチュン・グローバル500企業での勤務経験 ※2  5
省級外国人工作管理部門による加点(最高10点)  地方経済社会の発展に必要な特殊人材  0~10

※1 上海交通大学が発表している近5年の「世界大学ランキング」100位以内に入選している海外の大学 上海交通大学ホームページ:http://www.shanghairanking.com/ja/ARWU2015.html (2011~2015で入選している日本の大学は、東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・東北大学の5校)

※2 米フォーチュン誌が年一回発表している、各種ランキング指標 フォーチュン・グローバル500企業:http://beta.fortune.com/global500/ (日本の企業では、トヨタ、ホンダ、日本郵政、日産、NTT、日立、ソフトバンクなど多数)

オプトインバナー

5 自分のランクの見分け方

駐在員の方は、実際に自分でも計算してみて欲しいのですが、多くの駐在員はB類に分類されると思われます。

A類に分類される駐在員は、高学歴、高収入のスーパー駐在員。

C類にあてはまるのは、定年退職した後に現地採用で働いている方、関連業務経験の少ない若年層、また自動的にC類に分類されてしまうサービス業従事者など。あるいは、専門的な知識と経験があっても、高卒だったり中国語能力を証明するものがなかったりするとC類に分類されてしまう可能性が上がり、就業許可が発行されにくくなることが推測されます。

6 自分の点数を上げる唯一の方法は「HSKに合格する」こと

この採点基準では、年収や年齢、出身大学などが点数に影響するので、いまから自分で変えられない部分が大きいです。しかし唯一、自分でポイントを上げられる方法があります。それは「HSKに合格する」ことです。

これまでも、60歳以上の方、また業務経験の浅い若年層は就業ビザ(Zビザ)が発行されにくい傾向にありました。

しかし今回の点数制で評価基準が明確になったので、むしろ就業ビザが降りにくい条件の人は、HSKに合格して点数を上げることが、ビザ取得に有利なポイントになるかもしれません。

4章で紹介した、「ABCランク分けの評価基準表」をご覧いただくと分かりますが今回の新就労許可制度上では、HSK1級(一番下の級)に合格すると2点、5級以上で10点になります。

7 HSKに合格するには

HSKは中国政府が公認する中国語の検定試験。1~6級の6段階に分かれており、それぞれの級ごとの試験があります。試験は、中国、日本の各都市で毎月開催されています。(ただし都市によって実施状況は異なります。)

今回の新就労許可制度上で「とりあえず1点でも必要!」という方は、いますぐ1級の受験を申し込みましょう。「点数の計算をしてみたら年齢的に1年後はC類になる」というリミットまで余裕のある方は、5級合格を目指し、対策の学習を始めましょう。

今もしあなたがいま“中国語能力ゼロ“でも、効率的な学習方法で、しっかり学習時間を確保できれば、2ヶ月で1級に満点合格できます。1年真剣にやれば5級・6級の合格レベルに達することは十分可能です。

 

・受験する級を決定するために知っておきたい、HSK各級の具体的なレベルや、試験までの学習法などを徹底紹介!
HSKを受験するなら必読!<レベル>の話 1級~6級

・各級別の具体的な試験対策法は
<中国語検定・HSK>カテゴリーページ

・効率的な中国語の学習方法、中国語を半年でマスターできるノウハウをこちらですべてお伝えしています。ぜひ実践してください。
中国語を半年でマスターした私が教える人生を変えた勉強法

オプトインバナー

まとめ

今回の新就労許可制度は、ハイレベルな外国人人材を確保するとともに、中国人の労働環境を守ることを明確に打ち出しています。このような政策は、実は中国以外でも、多くの国で実施されており、特別なものではありません。

日本人駐在員は、あわてず騒がず冷静に。

この記事があなたの今後の中国での働き方、中国語学習に関して、少しでもお役に立つことができれば幸いです。

無料|中国語を半年でマスターした私の人生を変えた中国語の学習方法をお教えします!

より早く、より簡単に中国語をマスターしたいと思いませんか?
間違えた勉強法をしていると、上達はなかなか見込めません。


そこで、半年で中国語をマスターした私が、他の方でもマスターできるようにノウハウをまとめました。


【ダウンロードできるもの】
☆中国語習得・HSK合格・発音習得のポイント音声レクチャー
☆中国語声調特訓用音声
☆中国語声調特訓用テキスト
☆中国語ピンイン表


・中国語をマスターしたいが、具体的にどうすればいいのかわからない
・できるだけ効率的な学習方法を知りたい
・今度こそ挫折せず続けて勉強みたい
・資格として生かすために上位級の検定に合格したい


そんな方は、ぜひこのノウハウを活用されてください。
きっと上達が早まります。



無料で自宅体験を試して見る

\ SNSでもご購読できます /

コメントを残す

*

ページの先頭へ